子育て情報『<赤ちゃんポストで産まれた子>捨て子には戸籍がない!?名前がない私に命名してくれたのはまさかの…』

<赤ちゃんポストで産まれた子>捨て子には戸籍がない!?名前がない私に命名してくれたのはまさかの…

さまざまなやむを得ない理由で赤ちゃんを育てられないお母さんたち…。そんなお母さんたちが頼る希望の場所が「赤ちゃんポスト」です。これは赤ちゃんポストに預けられたことで命を繋ぐことができたみかん高校生さんのお話です。日本では、熊本と北海道の2か所に設置されている赤ちゃんポスト。預けられた赤ちゃんの数はこれまでの15年間でおよそ160人近くにのぼるそう。みかん高校生さんも母親から手紙を託されていたものの、名前は授かっていないようでした。そんな赤ちゃんたちに名前や戸籍を与えてくれたのは、意外な人物でした。

赤ちゃんポストに投函されたことで、人生のスタートを切ることができたみかん高校生さん。
ポストに投函された赤ちゃんたちには、これからさまざまな選択が待ち受けています。

赤ちゃんの名付け親はまさかのあの人…!

わたしは赤ちゃんポストで産まれた子38


わたしは赤ちゃんポストで産まれた子39


わたしは赤ちゃんポストで産まれた子40


わたしは赤ちゃんポストで産まれた子41


わたしは赤ちゃんポストで産まれた子42


わたしは赤ちゃんポストで産まれた子43


わたしは赤ちゃんポストで産まれた子44


わたしは赤ちゃんポストで産まれた子45


ポストに預けられた赤ちゃんは、悲しいかな捨て子として扱われます。中にはみかん高校生さんのように名前のない子も多いそう。名前をつけてしまったら離れられなくなる、という親心なのでしょうか…。 名前は、通常親から赤ちゃんへの最初のプレゼント。ところが赤ちゃんポストに入れられる赤ちゃんは、名前があることが当たり前ではないのです。呼んでもらえる名前があるということは、思っている以上に幸せなことでもあるんだなと痛感しますね。

名前もなく身元もわからない赤ちゃんは、こうのとりのゆりかごの場合、熊本市長によって命名されます。生後3カ月だったみかん高校生さんも、市長からとても素敵な名前をプレゼントされることとなりました。
これからは市長にもらった素敵な名前でたくさんの人に呼んでもらえますね!

名前に限らずですが、当たり前だと思っているものの大切さに気付くのはなかなか難しいもの。みなさんも当たり前だと思っていたもののありがたみを改めて実感した、という経験はありますか?


関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.