子育て情報『「この入院で手術って言ったのに…」病院の事情で手術が延期に。不安な気持ちはどんどん加速して…』

「この入院で手術って言ったのに…」病院の事情で手術が延期に。不安な気持ちはどんどん加速して…

「この入院で手術って言ったのに…」病院の事情で手術が延期に。不安な気持ちはどんどん加速して…


2016年の春、長女を出産したぷにらーさん。赤ちゃんが生後2カ月を迎えたころ、小児科で「心室中隔欠損症の可能性が高い」と言われてしまいます。医師の言葉にショックを隠し切れずにいました。また、「大学病院で検査を受けたほうがいい」と言われたため、予約を取って病院を受診するのですが、そこで「心室中隔欠損症です」と診断されてしまいます。

医師から「手術が必要です」と告げられ、その1週間後、肺高血圧の検査をおこなうため、入院することに。検査後、肺の状態はよくなかったものの、手術の緊急性が低く、また手術をおこなう医師の予約が取れなかったため、一時帰宅を言い渡されてしまいます。

呆気ない退院にモヤモヤしながらも、指示通り一時帰宅をしたぷにらーさん。それから10日後、病院から「2週間後に手術をおこなうので、入院してください」と連絡が入ったため再び入院したのですが、医師に「やはり心臓に負担が大きいので早めに手術しましょう」と言われた5日後、突然「退院してください」と言われてしまって……!?

度重なる手術の延期にママのモヤモヤは止まらず…


0歳で心室中隔欠損症の手術をした娘 8


0歳で心室中隔欠損症の手術をした娘 8


0歳で心室中隔欠損症の手術をした娘 8


0歳で心室中隔欠損症の手術をした娘 8


0歳で心室中隔欠損症の手術をした娘 8


0歳で心室中隔欠損症の手術をした娘 8


0歳で心室中隔欠損症の手術をした娘 8


0歳で心室中隔欠損症の手術をした娘 8


(この入院で手術って言ってたのに……。

もちろん緊急の人が優先されるのはわかるけど、

心臓の負担が大きいって言ったのに……)

このことで不安な気持ちが一気に加速するぷにらーさん。

そして、再入院の日が近づいたころ、

またしても入院事態が延期になってしまったのです。

(緊急の患者さんが入ったって理由だから仕方ないけど、

はながないがしろにされてる気分だ……)

11月になると、認可保育園の申し込みがスタート。

ぷにらーさんはこの状況で保育園に通えるのか、

仕事復帰ができるのかなど、不安を抱えていました。

そんな中、11月末に3度目の入院が決定します。

期待はしないでおこうと思っていたぷにらーさんでしたが、

ある日先生から「12月5日に手術をおこないます」と言われたのです。

「4日後……。
分かりました。よろしくお願いします」

手術日が決まった瞬間、表情は一気に引き締まり、

ぷにらーさんの鼓動は速くなったのでした。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.