子育て情報『妊婦さんは咳止めを飲んでも大丈夫?妊娠中に咳が止まらないときの対処』

妊婦さんは咳止めを飲んでも大丈夫?妊娠中に咳が止まらないときの対処

目次

・妊婦さんの咳の原因
・妊娠中に咳が出る場合はどうしたらいい?
・妊娠中は咳止めの薬を飲んでもいいの?
・薬に頼らない咳止めの方法はあるの?
・まとめ
咳こむイメージ


ほとんどの妊婦さんは、妊娠中になるべく薬を飲まないほうがいい、薬に頼りたくないと考えていることでしょう。今回は、妊娠中に使用する咳止めの薬についてお話します。

妊婦さんの咳の原因

人は妊娠すると、抵抗力が落ちてしまいます。季節の変わり目や風邪の流行期、職場や同居する家族から妊婦へ感染しやすくなり、その一つとして咳症状が起こることがあります。妊娠中に咳が出る原因として、下記が挙げられます。

■乾いた咳:乾性咳嗽(空咳)、痰がからまない
・上気道炎(いわゆる風邪):気道の充血や浮腫がきっかけとなり咳がでる。
・温度の刺激によるもの:室内と室外の温度差をきっかけに咳がでる。
・匂いの刺激によるもの:タバコや香水、食べ物などの匂いをきっかけに咳がでる。
・胃酸の逆流によるもの:胃液が食道まで逆流して咳がでる。胸やけなどの症状を伴う。
・緊張による意識的な咳:緊張などの精神的興奮が咳を起こす。

■湿った咳:湿性咳嗽、痰がからむ
・急性気管支炎(いわゆる風邪が悪化した状態):ウィルスの感染によるもの。
インフルエンザ:流行期に感染して起こる。

その他、気管支喘息、咳喘息、鼻炎や副鼻腔炎、花粉症などによって、咳の症状が長引くケースがあります。

妊娠中に咳が出る場合はどうしたらいい?

妊娠中に咳が続くことで、肋骨の痛みや全身筋肉痛が出現したり、腹圧がかかることで尿漏れやお腹の張りを引き起こしたりすることがあります。咳が出始めて2~3日間経過しても症状が治らない時、咳の症状が日常生活や睡眠を妨げる時は、次の妊婦健診を待たずに、早めにかかりつけの産婦人科へ相談・受診しましょう。

もともと喘息があり、症状が出た場合は、早めにかかりつけの医療機関へ受診する必要があります。周囲でインフルエンザなど感染症が流行っている場合は、他の妊婦さんへの感染を防ぐために、受診前に産婦人科へ電話してから受診するようにしましょう。やむを得ず、他の医療機関を受診する時には、必ず妊娠中であることを伝えてから診察を受けましょう。

診断や治療方法を決めるために、必要に応じて微量の放射線を照射する胸部のエックス線検査(レントゲン検査)が行われることもありますが、母親の胸部に限定して撮影するため、赤ちゃんの健康状態への影響はほとんどありません。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.