2015年7月2日 06:15|ウーマンエキサイト

妊娠中に知っておきたかった…! 「赤ちゃんの眠り」出産後の夜泣き予防に役立つ2つのポイント~前編


赤ちゃんは生まれた直後から、毎日の光や親の関わりなどの刺激を感じながら眠る練習を重ねて成長します。そして、生後7週前後には昼夜を区別するホルモンの分泌が整い、体内時計を調整することができるようになり、昼夜の区別のある生活に移行していくのです。

しかし、生後7週までどんな生活でもよいというわけではありません。親が赤ちゃんの眠りの成長をサポートする必要があります。

夜泣きを予防するにはどんなことに気を付けたらいいの?

赤ちゃんとの生活は朝・昼・夜のお日さまリズムでつくってあげることが大切です。意識的にお日さまのリズムに合わせて生活することで、赤ちゃんは体内時計を調整する力をつけていきます。体内時計が整ってくると、生活リズムの乱れによる「ぐずり」「夜泣き」などの悩みの割合が減り、育児が楽になります。

お日さまリズムのポイントは以下の通り
・朝は7時頃までにはカーテンを開けて朝の光を浴びママも赤ちゃんも起きる
・昼は光の入る明るい場所で活動的に過ごす
・夜は暗く、静かに眠る

赤ちゃんの就寝時間の目安は7時。遅くても8時までにはお布団へ。
眠る1時間ほど前から、日中より照明を落とし、テレビは消してゆったりと過ごし、眠る時には寝室はなるべく暗くします。(豆電球はつけずに、手元の明かりも直接赤ちゃんの顔に光が当たらないように。スマホの光も眠りにはよくありません。)

次回は、夜泣きの予防に必要な「ママのお日さまリズム生活とメラトニン」に続きます。



妊娠中に知っておきたかった…! 「赤ちゃんの眠り」出産後の夜泣き予防に役立つ2つのポイント~後編
赤ちゃんの眠り研究所
赤ちゃんの眠り研究所の更新通知を受けよう!
確認中
赤ちゃんの眠り研究所
赤ちゃんの眠り研究所の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
赤ちゃんの眠り研究所
赤ちゃんの眠り研究所の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
赤ちゃんの眠り研究所
赤ちゃんの眠り研究所をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
赤ちゃんの眠り研究所
赤ちゃんの眠り研究所の更新通知が届きます!
フォロー中
赤ちゃんの眠り研究所
赤ちゃんの眠り研究所の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.