2019年7月28日 10:00|ウーマンエキサイト

「夫婦の衝撃発言」実態。衝撃ワードが夫婦関係を壊しかねない事態に!?【パパママの本音調査】 Vol.341

高村由佳
ライター
高村由佳
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。


■衝撃度2、「まるでビッグゴリラ」容姿や体形を指摘

「夫婦の衝撃発言」実態。衝撃ワードが夫婦関係を壊しかねない事態に!?【パパママの本音調査】  Vol.341

© kei907- stock.adobe.com


また、見た目の良し悪しに関して、衝撃的な言葉をかけられたというコメントもありました。

「1人目妊娠中に、『信楽のたぬきみたい』と主人に言われた…。『は? せめて、ドナル●ダックやろ!』と言い返し、このやりとりはマタニティーダイアリーに書き留めました(笑)」(三重県 30代女性)

「私が昼寝している姿を見て『まるでビッグゴリラだな』と言い放った! 腹が立って仕方がないけど、太った私が悪いのね…」(千葉県 40代女性)

「結婚、出産を経て体重増加した私に『詐欺師』って。自分だって髪は薄くなっておっさんになったくせに!」(北海道 40代女性)

「初めての産後、授乳中の私の背中越しに、『背中でかくなったね』と言ってきました。その後、『先輩の奥さんは子どもを産んでも体重は何キロしかない』という話をずっと聞かされました」(神奈川県 40代女性)

「夫婦の衝撃発言」実態。衝撃ワードが夫婦関係を壊しかねない事態に!?【パパママの本音調査】  Vol.341

© ryanking999- stock.adobe.com


そのやりとりに思わず笑みがこぼれてしまうようなものもありましたが、本人が気にしている度合いによってもその言葉の攻撃力は変わってきそうです。本人がコンプレックスだと感じていたら、その言葉は大きなストレスの原因になってしまいそう。

■衝撃度3、「母乳出なくなったら用なし」異性への無理解

「夫婦の衝撃発言」実態。衝撃ワードが夫婦関係を壊しかねない事態に!?【パパママの本音調査】  Vol.341

© chikala- stock.adobe.com


出産や育児を通して、異性への理解を示さないような発言にショックを受けたという人たちもいるようです。
「主人に『母乳が出なくなったらお前は用なしだな』と言われました。いまだに許せない気持ちでいます」(神奈川県 40代女性)

「2人目出産後、子どもたちを両脇に抱えて毎日寝かしつけ。そんななか、乳腺炎になり、40度を越える熱でどうしようもないときに『2人どうすんの? 体調管理もできないの? 俺も仕事あるのに迷惑なんだけど』と言われ離婚が頭をかすめた」(神奈川県 30代女性)

「妊娠後期に重たいソファーを運ばされて、途中でちょっと降ろそうとしたら、『えー、こんなのも持てないの?』と。泣きそうになりながら運んで、1ヶ月以内に切迫早産で入院しました」(千葉県 40代女性)

「妊娠中に『絶対男! 女だったらいらない』と言われたこと。絶対に男の子を産まなければと、必要以上に神経質になってしまい、検診のたびに性別を確かめ、祈る毎日でした」(岩手県 40代女性)

つわりでなかなか起き上がれないときに、「『そんなにつらい?』と言われて悲しくなった」というコメントも。妊娠や出産を経て、女性は体調も体も大きく変化していきます。女性自身でもその変化や育児の大変さがのしかかるときに、それを理解してもらえないことは、大きくショックを受けるという人は多いようですね。

■衝撃度4、「仕事辞めてきた」突然の告白に衝撃

また、パートナーからの突然の告白に衝撃を受けたという声も集まっていましたよ。

「小遣い足りないから結婚指輪売ったよ」(愛媛県 40代女性)

「単身赴任から帰ってきた主人がいきなり『あ、俺洗礼受けたから』。いきなり過ぎて何も言えませんでした」(神奈川県 40代女性)

「『◯◯日付けで会社退職することが決まったから』と言われビックリ」(神奈川県 40代女性)

「話がある…。大変なことになった…。浮気しててその女と警察沙汰になった…」(神奈川県 30代女性)

ほかにも、「『仕事やめて農業やる!』と夫が言い、両家を巻き込んだ」というコメントも。もちろんその内容にも驚きますが、なによりもショックなのは、何の相談もなく判断をして、事後報告されることなのかもしれません。夫婦間でも「報告、連絡、相談」は重要な要となり得そうです。

■衝撃度5、「俺が一生守るから!」ラブラブな衝撃発言

「夫婦の衝撃発言」実態。衝撃ワードが夫婦関係を壊しかねない事態に!?【パパママの本音調査】  Vol.341

© Yusei- stock.adobe.com


一方で、感動的な愛のこもった言葉に衝撃を受けたという人たちからのラブラブエピソードも寄せられていましたよ。
「私は夫より少し年上。プロポーズされたときに、『私がおばさんになったら、若い女の子の方に行っちゃうでしょう?』と言ったら、『家族になるのに、年をとってるから嫌いっていう人いる?』と言われました。なんて心の広い人なんだと衝撃をうけました」(千葉県 50代女性)

「バス停に腰の曲がったおばあちゃんがバスを待っていました。私が『あんなお年で1人でバスを利用してお出掛けするなんてスゴイ!』と言うと、夫が『君が白髪のおばあさんになっても、俺がいつも隣にいるから大丈夫だよ』と。プロポーズをされたような錯覚をしてしまいました」(千葉県 40代女性)

愛のあふれるエピソードには、「こっちの衝撃もあるのか」と目からうろこです。こうした衝撃の一言だったらきっとお互いに大歓迎かもしれませんね。
高村由佳
高村由佳の更新通知を受けよう!
確認中
高村由佳
高村由佳の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
高村由佳
高村由佳の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
高村由佳
高村由佳をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
高村由佳
高村由佳の更新通知が届きます!
フォロー中
高村由佳
高村由佳の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.