2019年9月18日 18:00|ウーマンエキサイト

バウンサーはいつからいつまで使える? 選び方からおすすめまで紹介

ゆりかご・ロッキングタイプの特徴


続いて『ゆりかご・ロッキングタイプ』は、『上下・横揺れ』タイプです。

赤ちゃんの体重や動きによってイスが揺れることは、上述のバウンシングタイプと同じですが、ゆりかご・ロッキングタイプは左右や上下にユラユラと動きますよ。

バウンシングタイプに比べてやや値段は高くなりますが、『リクライニング機能が付いている』『バネを使っていない』ことで長持ちしやすいことが特徴です。

また、『縦揺れ』か『横揺れ』のどちらを好むかは、赤ちゃん次第です。安くはない買い物だからこそ、実際に店頭で赤ちゃんを乗せて使い心地をチェックする方がよいでしょう。

おすすめバウンサーのメーカーは?

バウンサーはいつからいつまで使える? 選び方からおすすめまで紹介

店頭やネットでバウンサーを調べてみると、その数の多さに驚くかもしれません。初めての人にも使いやすいおすすめのバウンサーメーカーを3つ紹介します。

「どれがよいか分からない!」という人は、以下のメーカーからチェックしてみましょう。

ベビービョルン


『ベビービョルン』は、バウンサーのほかにも、赤ちゃん用のイスや机を販売している人気メーカーです。

バウンサーだけでもたくさんの種類がありますが、いずれのタイプであっても『軽くて、コンパクト』である点が大きな特徴といえるでしょう。

家の中はもちろん、遠出のときにも車の中に積み込みやすく、持ち運びに便利ですよ。コンパクトながらにも、リクライニングは3段階調節が可能など機能的な点も魅力的ですね。

商品名: ベビービョルン バウンサーバランスソフト Air グレーホワイト 005029
価格: ¥15,390(税込)
ベビービョルン バウンサーバランスソフト Air 詳細はこちら
【公式】BabyBjorn - ベビービョルンオフィシャルウェブサイト

カトージ


『カトージ』のバウンサーは、豊富なデザインとカラー展開がポイントです。

付属のポールを取り付けて、ぬいぐるみなどのおもちゃをぶら下げることができたり、日除けカバーがあったりと日常のさまざまなシーンに柔軟に対応することができますよ。

また、手動タイプだけではなく電動タイプも用意されており、ママの目的や悩みに合わせたぴったりの1台を選べるでしょう。

ラインアップが多いため、まず『どんなタイプがあるか』をチェックしたい人にもおすすめです。

商品名: カトージ ベビーバウンサー NewYorkBaby ブラック(New) 0か月~ 03900
価格: ¥8,618(税込)
カトージ ベビーバウンサー NewYorkBaby 詳細はこちら
KATOJI|ベビーベッド ベビーチェア ベビーグッズのカトージ

リッチェル


ベビー用品だけではなく、さまざまなプラスチック製品を扱う『リッチェル』のバウンサーは『素材』や『扱いやすさ』に優れています。

赤ちゃんは体温調節機能が弱いため、熱がこもりやすかったり、ぐずって泣いているときには汗だくになってしまったりしますが、座面に『メッシュ素材』を使っていることで、通気性がよく、お手入れがしやすいですよ。

また、ワンプッシュで取り外しができるため、人手が足りないときにも楽々と扱えます。収納にも幅を取らず、コンパクトにしまえる点もうれしいポイントといえるでしょう。

商品名: リッチェル Richell バウンシングシートおもちゃ付きR
価格: ¥9,720(税込)
リッチェル Richell バウンシングシート 詳細はこちら
株式会社リッチェル

バウンサーでご機嫌な笑顔を見てみよう

バウンサーはいつからいつまで使える? 選び方からおすすめまで紹介

赤ちゃんがいても日々の家事や用事を済ます必要があるときには、『バウンサー』が活躍してくれるでしょう。

ママが抱っこをしなくても、バウンサーに乗せることで機嫌よく赤ちゃんが過ごしてくれますよ。メーカーによって機能性やデザインが異なるため、店頭で試してみることがおすすめです。

種類豊富なバウンサーの中から、扱いやすく、赤ちゃんが快適に過ごせる1台を見つけましょう。

新着子育てまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.