コミックエッセイ:親に整形させられた私が、母になる

父との別居が私への過干渉の引き金に!片親偏見の重圧が母にのしかかる【親に整形させられた私が、母になる Vol.24】


■母に課せられたプレッシャーとは

娘のために離婚だけはしなかった
当時はまだ片親に対しての偏見が強い時代で、世間体を考えるとそうするのが最善だったのだでも女手ひとつで育てていくことに変わりはない
「あそこの家は女親しかいないから」なんて言われないように、どこに出しても恥ずかしくなり娘に育てなければ!「娘がどうなるかはすべて私にかかっている」そう思うと私のプレッシャーはとても大きくなった


私が具合が悪くなると母がうれしそうだったのは、私自身も覚えています。

「熱が出ると優しく看病してもらえてうれしい」
「お母さんがうれしそうで私もうれしい」
こんな気持ちもありました。

でも
「私が熱で苦しんでいることよりも、二重になったことが母はうれしいんだ」
という気持ちもあり、私自身どこか複雑な感情を抱いていたのを覚えています。

父のことは、ずっと単身赴任だと聞かされ、数年に一度、会っていました。

父が単身赴任だと言うと、周りからは
「お母さん大変ね」
「お母さん偉いわね」
「ハムちゃんもお母さんの迷惑かけないようにしなくちゃね」
と言われていました。

私はそれが、【良い子でいなくてはいけない】と、常に少しプレッシャーでした。


でも母は、そんな私のそれよりも遥かに大きな、『1人で育てないといけない』『ひとり親だからって言われないように立派に育てないといけない』という、とてつもないプレッシャーを常に抱えながら、私を育ててくれていたのです…

文:著者(グラハム子)

→次回に続く

※この物語は私の経験を基に、一部フィクションもまざっております。


読者アンケートにご協力ください (全2問)

Q.1 記事に対する感想、ご意見をお聞かせください。 (必須) (最大1000文字)

Q.2 実の親との関係性で悩んだことありますか? ご自身のエピソードやその対処法をお聞かせください。 (最大1000文字)

ご応募いただいたエピソードは、漫画や記事化されウーマンエキサイトで掲載さる場合があります。この場合、人物設定や物語の詳細など脚色することがございますのであらかじめご了承ください。
 

新着子育てまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.