2020年9月11日 16:00|ウーマンエキサイト

大学も就職先も、娘は私の望み通りの道へ…ようやく私の子育てが認められた【親に整形させられた私が、母になる Vol.36】

グラハム子
ライター
グラハム子
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。

■能力の低い娘をここまで…私の子育ては成功した!

娘を愛しているから最善の道を示してあげる娘は第二希望の大学に合格した就職先も安定した職に就くことができたそのことを職場で話すと周りの子どもたちの進学先や就職は大したことがなかった私の判断は間違ってなかった周りの人は私に引け目を感じている私の子育ては正しかった



母は私が母の希望の職に就いたのがとてもうれしかったようでした。
そのこと自体は私もうれしかったです。

母を喜ばせてあげることができた。親孝行ができた、と思いました。

ある日母から
『エリちゃんのお母さん、最近俯いて歩いてるよ。話しかけてもすぐ行っちゃうの。
エリちゃんの就職先がアレだから、なるべく人と会いたくないんだろうね。話しかけちゃかわいそうよ』
と言われました。

でも私は少し前に偶然エリちゃんのお母さんに道で会ったのですが、別に俯いてもいなかったし、普通に立ち話もしてくれました。

「それはきっとお母さんにだけだよ。お母さんがマウンティングしてくるのが嫌なだけで、お母さん以外の人とは普通に話してると思うよ」
母にそう言いたかったのですが、やめました。

エリちゃんのお母さんが、母と私は親子なのに、私にはちゃんと話をしてくれたことがうれしかったです。

※エリちゃん:剣道の習い事で一緒で同じ中学に通っていた女の子



文:著者(グラハム子)

→次回は9月24日(金)更新予定です。

※この物語は私の経験を基に、一部フィクションもまざっております。

読者アンケートにご協力ください (全3問)

Q.1 実の親との関係性で悩んだことありますか? エピソードをお聞かせください。 (必須) (最大1000文字)

Q.2 Q1で記入いただいた内容を、乗り越えたエピソードがあれば教えてください。 (最大1000文字)

Q.3 この記事へのご感想をぜひお聞かせください。 (必須) (最大1000文字)

ご応募いただいたエピソードは、漫画や記事化されウーマンエキサイトで掲載される場合があります。この場合、人物設定や物語の詳細など脚色することがございますのであらかじめご了承ください。
 
グラハム子
グラハム子の更新通知を受けよう!
確認中
グラハム子
グラハム子の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
グラハム子
グラハム子の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
グラハム子
グラハム子をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
グラハム子
グラハム子の更新通知が届きます!
フォロー中
グラハム子
グラハム子の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.