2020年10月15日 16:00|ウーマンエキサイト

社会人になっても過食嘔吐がやめられない…こんな私に生きる価値はあるの?【親に整形させられた私が、母になる Vol.39】

グラハム子
ライター
グラハム子
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。

どうして自分の人生を生きてる実感がないの! 過食嘔吐、ネット漬けに縋る日々どうして自分の人生を生きてる実感がないの! 過食嘔吐、ネット漬けに縋る日々どうして自分の人生を生きてる実感がないの! 過食嘔吐、ネット漬けに縋る日々どうして自分の人生を生きてる実感がないの! 過食嘔吐、ネット漬けに縋る日々どうして自分の人生を生きてる実感がないの! 過食嘔吐、ネット漬けに縋る日々どうして自分の人生を生きてる実感がないの! 過食嘔吐、ネット漬けに縋る日々どうして自分の人生を生きてる実感がないの! 過食嘔吐、ネット漬けに縋る日々どうして自分の人生を生きてる実感がないの! 過食嘔吐、ネット漬けに縋る日々どうして自分の人生を生きてる実感がないの! 過食嘔吐、ネット漬けに縋る日々


社会人になっても過食嘔吐は続いていました。
病院に行った方が良い、という知識ももちろんありましたが、「自分の意思が弱いだけじゃないか」、「もうすこし自分自身の力でどうにかできるんじゃないか」という気持ちもあり、結局病院には行かず、過食嘔吐を続けていました。

いま思えば、病院に行って治療することで、自分自身に何か変化が起こることを怖れていたのかもしれません。

過食嘔吐を辞めたいはずなのに、辞められない…
吐いた後はいつも激しい自己嫌悪に襲われる。
それなのにその存在を失ってしまうのを恐れてしまう…。

自分のことなのに自分じゃどうしようもできない。
それは過食嘔吐だけではなくて、人生のすべてにおいてそうでした。

容姿も、職業も、趣味も、生き方も…自分のことなのに、自分ではどうしようもできない。
整形もずっとしつづけなければならない。いつも「いつ二重の線が取れてしまうか」というぼんやりとした恐怖を抱えながら生活していて、心の底から笑ったことはありませんでした。

このころ常に私は被害者でした。被害者意識でした。
自分が自分の人生の当事者である勇気も責任も持てず、楽で言い訳ができる被害者の立場にしがみついていました。
そんな自分が嫌で嫌でたまりませんでした。
→次回に続く

※この物語は私の経験を基に、一部フィクションもまざっております。

読者アンケートにご協力ください (全3問)

Q.1 実の親との関係性で悩んだことありますか? エピソードをお聞かせください。 (必須) (最大1000文字)

Q.2 Q1で記入いただいた内容を、乗り越えたエピソードがあれば教えてください。 (最大1000文字)

Q.3 この記事へのご感想をぜひお聞かせください。 (必須) (最大1000文字)

ご応募いただいたエピソードは、漫画や記事化されウーマンエキサイトで掲載される場合があります。この場合、人物設定や物語の詳細など脚色することがございますのであらかじめご了承ください。
 
グラハム子
グラハム子の更新通知を受けよう!
確認中
グラハム子
グラハム子の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
グラハム子
グラハム子の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
グラハム子
グラハム子をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
グラハム子
グラハム子の更新通知が届きます!
フォロー中
グラハム子
グラハム子の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.