2020年10月30日 16:00|ウーマンエキサイト

彼にはいつかきっと嫌われる…母でさえ本当の私を好きではなかったのだから【親に整形させられた私が、母になる Vol.42】

グラハム子
ライター
グラハム子
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。

親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる


彼とは相性が良く、一緒にいても疲れませんでした。
なので流れのまま付き合い始めてしまいました。

やはり若かったのもあってか、パートナーを求めるのは本能なんでしょうかね…。

手を繋いだとき、私の心のなかにある「嫌われてしまう恐怖」、「この先ずっと演じ続けなければいけない苦痛」といった自分の感情に無意識に蓋をしていました。

だってその恐怖よりも「付き合いたい」という気持ちが強かったから。

でも少し時間が経ち一人で冷静になると、ふとした時にやはり恐怖がわきあがってきました。
『本来の私を見せたら嫌われる』
『私はずっと元気で明るく、しっかりしている女性を演じなければいけない』

だって私の職に魅力を感じてくれない彼には、性格や容姿で好かれるしかなかったのですから。だけれども、その性格や容姿にしても、実際には作り物。

今までも、容姿を整形し、過食嘔吐で体型を維持し、明るい女性を演じ続けてきたからこそ、母や友人は私を愛してくれた…。そう思っていました。

『ありのままの弱い私を愛してほしい――
だけれども、それは不可能なこと。
だったらできるだけ長く、すこしでも弱い私を彼に見せないようにする。
でもそれはとてもつらい。そしてやっぱり本音では弱い私を愛してほしい…

いややっぱりそれは不可能なんだ…
それもこれもすべて私がこんな弱いからいけないんだ…』
こんな堂々巡りの想い。

彼との付き合いには、そんな苦しい思いが心の奥にいつもありました。
→次回に続く

※この物語は私の経験を基に、一部フィクションもまざっております。

読者アンケートにご協力ください (全3問)

Q.1 実の親との関係性で悩んだことありますか? エピソードをお聞かせください。 (必須) (最大1000文字)

Q.2 Q1で記入いただいた内容を、乗り越えたエピソードがあれば教えてください。 (最大1000文字)

Q.3 この記事へのご感想をぜひお聞かせください。 (必須) (最大1000文字)

ご応募いただいたエピソードは、漫画や記事化されウーマンエキサイトで掲載される場合があります。この場合、人物設定や物語の詳細など脚色することがございますのであらかじめご了承ください。
 
グラハム子
グラハム子の更新通知を受けよう!
確認中
グラハム子
グラハム子の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
グラハム子
グラハム子の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
グラハム子
グラハム子をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
グラハム子
グラハム子の更新通知が届きます!
フォロー中
グラハム子
グラハム子の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.