子育て情報『キャラ弁無理でも大丈夫!小さく握るだけ、こんなにかわいい園弁当』

2019年5月12日 11:40

キャラ弁無理でも大丈夫!小さく握るだけ、こんなにかわいい園弁当

子どものお弁当をかわいくしてあげたいけれど、キャラ弁を作るのは苦手だし、時間もない!そこでおすすめなのが、小さなおにぎりをご飯の上にのせるだけでかわいく見える“ミニミニおにぎり”弁当です。
作り方と、バリエーションが広がるアレンジ方法を紹介します。

ミニミニおにぎり弁当を作り始めたきっかけ

私は、長男(年長)の幼稚園のお弁当を週に4回作っています。かわいいお弁当を作ってあげたくて、試行錯誤しながらの毎日。あるとき、くまさんの大きなおにぎりを2つ詰めたお弁当を作ったところ、食べるのに時間がかかってしまったようでした。長男の「小さなおにぎりにしてみたらどう?」というヒントをきっかけに、ひとくちサイズの小さなおにぎりを入れたお弁当を作ってみたのです。

目次

・ミニミニおにぎり弁当を作り始めたきっかけ
・プラス3分!ミニミニおにぎり弁当の作り方
・時間に余裕があるときにはアレンジで、さらにかわいく!


プラス3分!ミニミニおにぎり弁当の作り方

ミニミニおにぎり弁当を作るのに、特別な材料は必要ありません!ノリとご飯があれば作れるうえに、シンプルなものなら時間がないときでも簡単に作れます。

1.お弁当箱にご飯を詰め、ノリをのせます
キャラ弁無理でも大丈夫!小さく握るだけ、こんなにかわいい園弁当

2.ラップにひとくちサイズのご飯をとり、三角に握ってノリを巻き、小さなおにぎりを作ります。これを複数個作ります
キャラ弁無理でも大丈夫!小さく握るだけ、こんなにかわいい園弁当

3.ミニミニおにぎりをご飯の上にのせたら、できあがり
キャラ弁無理でも大丈夫!小さく握るだけ、こんなにかわいい園弁当

“ミニ”よりも小さな、ミニミニおにぎり弁当の完成です。ご飯の上のノリが、おにぎりの存在感を引き立ててくれます。いつものお弁当を作る時間にプラス3分あれば作れる簡単さなのに、見た目がガラッと変わるので、子どもも大喜びです!
わが家の長男は、いつも最初にミニミニおにぎりからパクッと食べるのが好きなよう。食べやすいところもポイントだと思います。

時間に余裕があるときにはアレンジで、さらにかわいく!

時間に余裕があるときには、シンプルなおにぎりを子どもが好きな動物やキャラクターにアレンジするのもおすすめ!ご飯とノリにくわえて、黒ゴマやぶぶあられ(もち米でできている、小さくカラフルなあられ)があると作りやすくなります。
季節のイベントに合わせたアレンジもできますよ。
■ペンギンのミニミニおにぎり
キャラ弁無理でも大丈夫!小さく握るだけ、こんなにかわいい園弁当

■パンダのミニミニおにぎり
キャラ弁無理でも大丈夫!小さく握るだけ、こんなにかわいい園弁当


全体をかわいくしようとすると大変な作業になりますが、このお弁当なら、ミニミニおにぎりのワンポイントを意識するだけなので本当に簡単。キャラ弁は無理!と思っていた人も、ぜひ作ってみてくださいね。

<文・写真:フリーランス記者郡司佳奈

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.