子育て情報『怖くて自転車に乗れない!ビビリな小1息子がペダルをこぎ出せたのは』

2019年10月4日 17:30

怖くて自転車に乗れない!ビビリな小1息子がペダルをこぎ出せたのは

最近はキックバイクの普及もあり、自転車に乗れるようになるのが低年齢化しているそう。年少さん、年中さんから自転車に乗れる子もいたりして、わが子が乗れないと周囲と比べて焦ってしまいますね。
息子は、5歳から補助輪をつけた自転車に乗り始めましたが、その後、ひとりで自転車に乗れるようになるまで、かなりの日数がかかりました。今回は、怖がりな息子が自転車に乗れるようになるまでの経緯ときっかけを紹介します。

自転車のペダルがこぎ出せない

目次

・自転車のペダルがこぎ出せない
・練習をやめて見守ることに方向転換
・その日は突然やってきた!自分のタイミングで乗れるように
・できるようになることを目標にしない
怖くて自転車に乗れない!ビビリな小1息子がペダルをこぎ出せたのは

息子は昔から痛いのが大キライ。そして、危険なこと、初めてのことには人一倍慎重でした。
小学1年生になった4月の終わり、「そろそろ自転車の補助輪はずして練習しようか?」と提案したところ、「やってみる」という言葉が返ってきました。

最初は、お決まりのように自転車の後ろを支えて、途中で手を離す練習から。すると、すぐに手を離した後も進めるようになりました。しかし、自分で自転車のペダルをこぎ出すことがなかなかできません。こぎ出すときにバランスが崩れるのが怖いようで、両足をペダルに乗せられないのです。

練習をやめて見守ることに方向転換

3日ほど練習しましたが、どうしてもこぎ出すのが難しいよう。親から「もっとこうして、ああして」と言われることもイヤになり、すぐ「練習やめる」と言いだしました。
どうしようかと思っていたときに、「キックバイクのように、足で地面を蹴って進む練習法がいいってテレビで見たよ」とパパに教えてもらいました。試しに息子に教えたところ、「これならできる!」と言うので、練習はやめて自由に遊ばせることにしました。

その日は突然やってきた!自分のタイミングで乗れるように

怖くて自転車に乗れない!ビビリな小1息子がペダルをこぎ出せたのは


練習をやめてからは、「いつか乗れるようになるだろう」という気持ちで見守ることに徹しました。そして、キックバイクにハマっている2歳の甥っ子を公園に誘って一緒にツーリングするなど、できるだけ楽しく自転車に乗れる環境を整えました。平らな道より、ゆるやかにアップダウンがある方が、自転車に乗る感覚が養えると感じ、そんな場所を探して遊ぶようにしました。

練習方法を変えてから7日目のこと。いつものように地面を蹴って進んでいると、自然とペダルをこぎ出しました。
話を聞くと、自分のタイミングで乗れたので怖くなかったそう。乗れるようになったことが想像以上にうれしかったようで、できないことも続けていればできるようになることが実感でき、自信がついたようです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.