子育て情報『突然息子が食べなくなった!乗り切るためにとった3つ策とは』

2020年5月24日 15:30

突然息子が食べなくなった!乗り切るためにとった3つ策とは

ごはんはもちろん、肉も魚も野菜も、毎食バランスよく食べる4歳の息子。
成長曲線もきれいなカーブを描いており、これまで食事に関して悩んだことはありませんでした。
ところが、ある日、「食べたくない」と言い出して。今回はそのときのわが家の対応をお伝えします。

目次

・初めての「もう食べたくない」から3日連続で
・息子にインタビュー「なんで食べたくないのかな?」
・「量が多い」は、お弁当箱を使って解決!
・「かっこよくない」には、手作り旗を使って解決!
・「飽きた」には、テラスで食事で解決!


初めての「もう食べたくない」から3日連続で

ある日の夕飯、半分くらい食べた時のこと。「もう食べたくない」と息子がひと言。
私が「あれ、おやつ食べ過ぎたんじゃない?」と言おうとしたら、夫が「そんな日もあるよな」と息子に同調。
「確かに私自身も食が進まない日もあるか」と思い直し、その日は食事を切り上げることに。

しかし翌朝の朝食時も食欲がなく、なんとなく元気がない様子。
幼稚園でイヤなことがあったのかと思い、聞いてみても、特にないよう。朝食はあまり食べなかったものの、元気に登園して行きました。
その日は帰宅してから、息子にねだられる事もなかったので、おやつは準備はしませんでした。それなのに、昨晩と同様、半分くらいで食事は終了。
そんなことが3日間も続き、さすがに心配になりました。
これまで夫とは「家族で笑顔で食卓を囲めていればOK!」と話していたのですが、今思い返せば、それはきっと息子が、私が出すものをきちんと食べていたから。
これから息子が食べるようにと、好物や求めるものだけを食べさせていて、健康に育つ?食べる量が減って病気にならない?息子の食事について、親としてきちんと考えなければと思いました。

息子にインタビュー「なんで食べたくないのかな?」

夫と相談して、あまり深刻にならないように、遊びの最中に、なんで食べたくないのかをノートにお絵描きする感覚で、インタビューをしてみることにしました。

突然息子が食べなくなった!乗り切るためにとった3つ策とは


夫がインタビューして、息子が答える。それを私が「こんな感じですかね?」と図にするという流れです。
遊びの延長ということもあり、おふざけ気味な回答もありましたが、それに関しても解決策を一緒にとことん考えてみました。

「量が多い」は、お弁当箱を使って解決!

インタビューをして、いの一番に息子が答えたのは「量が多い」ということ。
確かに、わが家では、親も子どもも、みんな同じ大きさのお皿に盛りつけていたこともあり、ついよそいすぎてしまうことはありました。そこで、話し合った結果、息子用の小さめのお弁当箱に詰めることになりました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.