子育て情報『「ママペイ」でストレス激減!わが家の予想以上の効果を声を大にして伝えたい』

2020年6月20日 11:20

「ママペイ」でストレス激減!わが家の予想以上の効果を声を大にして伝えたい

ステイホーム期間に多くのママが始めて話題になった「ママペイ」を知っていますか?
「子どもがお手伝いをしたらママが作った通貨を報酬として支払い、その通貨で子どもがその日のおやつを買う」というのが主なルール。
興味はあるものの、まわりのママからは、「用意が大変そう」「きょうだいケンカになりそう」という声も。
私もそう思っていたのですが、小学2年生の息子と4歳の娘とともにトライしてみたら大成功!ストレスフルだった毎日がぐーんとラクになったのです。
身についたお手伝いの習慣は、学校再開後も継続中でとても助かっています。
そこで今回は、「ママペイ」の簡単な始め方と成功のポイントをお伝えします。

わが家でママペイを始めたきっかけ

休校休園期間だけでなく、毎年の長期休みには、わが家では決まって「家事がはかどらない」という悩みが。
朝起きて布団を畳もうとすると、なぜか子どもがのっている。掃除機をかけていると目の前に子どもがやってくる。
絶えずおもちゃや文房具が散らかされる。何をしていても「見てー!」「あれ探してー!」「だっこしてー!」と中断させられる。
そして家事が進まない中、「退屈~!」「ママ遊ぼう!」と言われ、渋々子どもと遊ぶ時間になってしまう…。

今回の長期休みも、そんな毎日に疲れ果てていました。そんな時にネットで目にしたママペイ。ワラをもつかむ思いでやってみることにしたのです。

わが家のママペイは最低限の準備のみ

目次

・わが家でママペイを始めたきっかけ
・わが家のママペイは最低限の準備のみ
・退屈コールが止み、進んでお手伝いをするように!
・ママペイ成功のポイント
・お手伝いで子どもの生活力と自己肯定感をアップ
「ママペイ」でストレス激減!わが家の予想以上の効果を声を大にして伝えたい


ネットで見たママペイは、かわいいお手伝いリストや、通貨を使って買うお菓子の看板がキレイにわかりやすくデコレーションされていました。
そんな紹介画像に憧れつつも、わが家ではとにかくラクに、最低限の準備で始めることにしました。

【用意したもの】
・100円、50円、10円の通貨
クリアファイルに油性ペンで通貨を書き、切り取ったもの。お菓子の空き箱に入れました。

・通貨を入れる財布
子どもの人数分、家にあった小さなポーチを用意。

・大きな缶
大きな缶に子どもたちの選ぶお菓子を詰めました。

・メモ帳2枚
手伝いの内容と値段、お菓子の値段を書きました。

退屈コールが止み、進んでお手伝いをするように!

私が通貨を作っていると、子どもたちは「それなに!?」と興味津々。お手伝いの内容をひと通り説明すると「早くやりたい!」とはりきりだしました。

実際に始めると、通貨を貯めたくてお手伝いを探すため、まず退屈コールが減りました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.