子育て情報『子ども達の発達の凸凹を支えたい!支援ツールを作るとき、アイデアはどこからくる?』

2016年7月25日 14:00

子ども達の発達の凸凹を支えたい!支援ツールを作るとき、アイデアはどこからくる?

怒らなくても子どもに伝わり易いだろうか、と日々考えています。

その考えが「声かけ変換表」を作ったり絵や図で説明したり、道具を工夫し、子どもやお母さんたちのハードルを下げることにつながっています。

育児を頑張りすぎて疲れてイライラしてしまう時、「どうしたら」コンディションを持ち直すことができるのか?

他の人の力をどう借りていけばいいのか?という具体的な対処法も伝えることができます。

言葉の選び方へのこだわりも強いので、デリケートな育児をしているお母さんたちに、思いやりのある表現で文章を書くことができます。

このように、私は自分の凸の部分と同じくらい、凹の部分を財産のように思っています。

凸も凹も、どっちも大事。

両方あるからこそ、私の「アイデア支援ツール」が、次々と生まれて来るんです。

http://rakurakumom.blogspot.jp/2016/06/100.html
関連ブログ「『今が100点』からスタートする。療育を頑張り過ぎて疲れているお母さんへ。」

http://www.amazon.co.jp/dp/4591147959
参考書籍・著書「発達障害&グレーゾーンの3兄妹を育てる母の毎日ラクラク笑顔になる108の子育て法」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.