子育て情報『発達障害と向き合う努力と母親の愛情が、いま栗原類さんを輝かせている 【新著レビュー】』

2016年10月13日 15:00

発達障害と向き合う努力と母親の愛情が、いま栗原類さんを輝かせている 【新著レビュー】

を感じることもあったそうです。


自分なりに努力を続け、発達障害と向き合ってきた類さん

発達障害と向き合う努力と母親の愛情が、いま栗原類さんを輝かせている 【新著レビュー】の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10685001238

ご自身の障害に苦労することもあった類さんですが、著書の中では発達障害を「脳のクセ」と表現しています。自分の脳のクセに気づいて、環境を整え、改善する訓練をすることが、「生きづらさ」の解消につながると語ります。

作品中では自分の障害に向き合うために、日々努力を続ける姿が印象的です。

例えば、忘れっぽさや集中力の低さに対しては、事前に周りの人に自分のクセを伝えることで協力を依頼する。

嬉しい・楽しいという気持ちを抱いたときは、表情で伝えられない分、人よりも丁寧な言葉や行動で気持ちを伝える。

類さんは、「忘れっぽい」「感情が表情に出にくい」という「脳のクセ」を無理やり直そうとするのではなく、そのクセが相手を傷つけないように工夫をしたり、自分ができそうな行動に代替することで、自身の障害に対して向き合ったのです。


同じ発達障害の診断を受けた母・泉さんが、子育ての中で忘れなかったこと

発達障害と向き合う努力と母親の愛情が、いま栗原類さんを輝かせている 【新著レビュー】の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10567000089

類さんがこのように自身の特性に気づき、障害に向き合っていくためには、周りの人からのサポートが欠かせませんでした。
特に、母親である栗原泉さんは、今でも類さんにとって大きな支えとなる存在です。

泉さんは、類さんと同じように発達障害の診断を受けています。しかし泉さんは、同じ診断があっても、類さんのことを「自分とは違う個性を持った人間」と考え、その個性を常に尊重・尊敬することを忘れないようにしていました。その一方で、類さんにとって必要なサポートをすることは惜しみませんでした。周りに過保護すぎると言われることもあるそうですが、泉さんは力強くこう語ります。

「他のみんながこうしているからとか、普通ならこうだからという尺度ではなく、自分の頭で考えて、自分の子どもにとって、必要なものは何なのかを選択している。」

泉さんの存在があったからこそ、類さんは自分の輝ける場所に辿りつき、今でも苦手なことに向き合う努力をし続けることができているのでしょう。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.