子育て情報『ダウン症のある人の寿命が延びている理由は?現在の平均寿命、成人後や壮年期の生活などについて解説します』

2018年1月4日 11:55

ダウン症のある人の寿命が延びている理由は?現在の平均寿命、成人後や壮年期の生活などについて解説します

このように、生命の維持に関わる重要な臓器である心臓の疾患が比較的早い時期から治療できるようになったことで、ダウン症のある人の身体的な健康が保たれやすくなりました。つまり、合併症への対応や治療成績の向上が、平均寿命の延長に貢献しているといえるでしょう。

ダウン症のある人は、さまざまな合併症を持つ可能性がありますが、適切な健康管理と発達支援、そして社会資源の活用などによって、着実な心身の成長と発達が期待できるようになってきました。

https://www.nature.com/articles/gim2016127.epdf?author_access_token=yWiuaz_KFRcEHDafdjMLM9RgN0jAjWel9jnR3ZoTv0P6KwggEXKlqNqrIMbMqZoE4hH-MxN8kCJnJHXNbQNYMh5iDjUYIlZ85E7wSCKA5gfKX30JtPxcfib0MnAr3xJZ
参考:「Estimation of the number of people with Down syndrome in the United States」

https://dsewebs.azureedge.net/files/reports/down-syndrome-population-usa-factsheet.pdf
参考:「People living with Down syndrome in the USA: BIRTHS AND POPULATION」


ダウン症のある人の、合併症の疾患別健康管理のポイントは?

ダウン症のある人の寿命が延びている理由は?現在の平均寿命、成人後や壮年期の生活などについて解説しますの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10186003475

「長寿を保つためには、健康管理に気をつけなければならない」というのはダウン症があってもなくても同じですが、なかでもダウン症のある人にとっては「合併症の治療と適切な健康管理」が生涯にわたって重要なキーワードになってきます。■合併症管理とフォローの目安
健診により合併症が認められた場合、適切な管理が必要です。ダウン症のある人に起こりやすいといわれている合併症は以下の通りです(月齢等は目安)。

・循環器疾患
心室中隔欠損、心房中隔欠損など、さまざまな心臓の疾患が合併している可能性があります。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.