子育て情報『読み書き苦手な娘、読書で賞ゲット!ご褒美効果で、さらなる進化が!?』

2018年10月17日 14:00

読み書き苦手な娘、読書で賞ゲット!ご褒美効果で、さらなる進化が!?


きっかけは「苦手な音読をなんとかしたい!」

小学一年生の頃、音読が苦手だった、広汎性発達障害の娘。

読み書き苦手な娘、読書で賞ゲット!ご褒美効果で、さらなる進化が!?の画像

Upload By SAKURA

本を読むということに興味を持ってもらうため、寝る前に好きな本を読んであげるのが日課となりました。娘は、だんだんと自分でも本を読むようになり、音読に対して苦手意識はすっかりなくなりました。

読み書き苦手な娘、読書で賞ゲット!ご褒美効果で、さらなる進化が!?の画像

Upload By SAKURA


娘が「多読賞」の賞状をもらってきた!?

毎日毎日、真面目に学校の図書室で本を借りて来ていた娘は、1年生の時、各学年でたくさん本を読んだ人がもらえる『多読賞』で、賞状をもらってきたのです!

読み書き苦手な娘、読書で賞ゲット!ご褒美効果で、さらなる進化が!?の画像

Upload By SAKURA

いつもみんなより遅かったり、みんなよりできないことが多い娘にとって、賞状は「みんなより頑張った」という証。娘の自信に繋がり、自分から「また賞状欲しいから、頑張る!」と言うようになりました。私たち親にとっても、とてもうれしい賞だったのです。


今も続く読書の習慣。最近の嬉しい成長は

多読賞をもらった娘は、前よりもさらに意欲的に本を借りてくるようになりました。小学2年生になった今も、寝る前に好きな本を読んであげる日課は、続いています。

娘は毎日、学校の図書室で2~3冊本を借りてきます。自分でも読める短い本、私たちに読んで欲しい本、弟が喜びそうな本を選んできてくれます。最近では、夜の本読みタイムには、父も弟も加わり、にぎやかになりました。

読み書き苦手な娘、読書で賞ゲット!ご褒美効果で、さらなる進化が!?の画像

Upload By SAKURA

読み方もスムーズになった娘ですが、他にもうれしい成長がありました。

読み書き苦手な娘、読書で賞ゲット!ご褒美効果で、さらなる進化が!?の画像

Upload By SAKURA

毎日毎日本を読んでいるうちに、娘は読み終わった後、本の感想を言うようになったのです。

私は娘が、ただ字を追って読み上げていると思っていたのですが、いつの間にか、読みながら、ちゃんと内容を理解できるようになっていたのです。娘らしい優しさ溢れるその感想に、私たちは癒されています。


苦手が多いけれど、成長を見せてくれる娘を信じて

私は療育をするとき、「今やっていることは後から効いてくる」と考えながらやってきました。地道に続けてきた本読みの習慣が、賞に繋がったことは、娘にとっても私にとっても自信に繋がり、「継続は力なり!」と確信できました。

私の考え方を変えるきっかけをくれ、最後には成長した姿を見せてくれる娘。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.