子育て情報『「行きたくても行けない」中1・睡眠障害いっちゃんの学校生活。中学選びから入学から半年経った日々までを振り返って。』

2019年11月22日 07:00

「行きたくても行けない」中1・睡眠障害いっちゃんの学校生活。中学選びから入学から半年経った日々までを振り返って。


睡眠障害のいっちゃん、中学校では通常学級に在籍

5年生の春ごろから睡眠時間が1~2時間ずつ後ろにずれこんでいくようになったいっちゃん。6年生の後半はほとんど学校に行くことが出来ていませんでした。

でこぼこ兄妹の兄のほうは静かに勉強が出来る環境を求めて中高一貫校を受験をしたのですが、いっちゃんは受験勉強の時間を取るのも難しかったし、そもそも通常学級に通えるかもわからない状態だったのです。

なので進学先としては、公立中学の通級指導教室の利用か、不登校のサポートをする私立中学のいずれかでと考えていました。調べてみたところ私たちの住む地域では、学区選択制で選べる公立中学のうち、校内に特別支援学級と通級指導教室があり、カウンセラーと特別支援スタッフが常駐しているところはA中学ひとつだけでした。他の中学校で通級指導を受けている子どもたちは通級のときだけその学校へ行くのだそう。

「行きたくても行けない」中1・睡眠障害いっちゃんの学校生活。中学選びから入学から半年経った日々までを振り返って。の画像

Upload By 寺島ヒロ

「行きたくても行けない」中1・睡眠障害いっちゃんの学校生活。中学選びから入学から半年経った日々までを振り返って。の画像

Upload By 寺島ヒロ

「行きたくても行けない」中1・睡眠障害いっちゃんの学校生活。中学選びから入学から半年経った日々までを振り返って。の画像

Upload By 寺島ヒロ

「行きたくても行けない」中1・睡眠障害いっちゃんの学校生活。中学選びから入学から半年経った日々までを振り返って。の画像

Upload By 寺島ヒロ

「行きたくても行けない」中1・睡眠障害いっちゃんの学校生活。中学選びから入学から半年経った日々までを振り返って。の画像

Upload By 寺島ヒロ

入学時、校長先生には面談の際に睡眠障害について伝えていたのですが、担任や通級指導教室の先生には詳細に共有する機会はありませんでした。しかし、いっちゃん登校初日の授業中、突然寝落ち!

実際に様子をみたことで、いっちゃんの睡眠の状態について先生方も理解してくださったようです。簡単に相談をして、普段は通常教室で授業を受け、必要に応じて通級指導教室で補習や宿題をするというかたちにしていただきました。


学校とも連携しながら、行ける日に学校に行くいっちゃんを見守る日々

睡眠障害については決まった治療もなく、外から働きかけるのも限界があります。今の段階では無理なく登校するように見守ってくれているという感じです。先生方とは、寝落ちしたいっちゃんを私が学校まで迎えに行ったときに直接話したり、連絡帳を交換したりして、家庭と学校での様子などを共有しています。
「行きたくても行けない」中1・睡眠障害いっちゃんの学校生活。中学選びから入学から半年経った日々までを振り返って。の画像

Upload By 寺島ヒロ

中学入学より半年ほど過ぎた今も、やはり学校へは行ったり行かなかったり...やや行かない日が多いかな...という感じですが、始業時間に間に合うように起きたときには自分で身支度をしてサラッと出かけていくので、学校自体はいっちゃんも楽しく通えているようです。

ところで少し話は戻りますが、実はどうしても通えないとなったときのことも考えて、A中学に入学する前に不登校のサポートをする私立の中学校にも連絡をしていました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.