子育て情報『自閉症息子、ルーティンが崩れ強迫性障害が悪化!新型コロナの影響はわが家へも』

2020年6月3日 08:00

自閉症息子、ルーティンが崩れ強迫性障害が悪化!新型コロナの影響はわが家へも


強迫性障害だった私

『発達障害に生まれて』(松永正訓著/中央公論新社)ノンフィクションのモデルとなった立石美津子です。

新型コロナ対策のため「手洗い」「うがい」「除菌」など衛生面での報道が多くなる中、過度なまでに衛生管理にこだわってしまう状況に陥っている人はいないでしょうか。その場合、もしかしたら強迫性障害なのかもしれません。私は23歳のときこの病にかかり、1年間、精神科の病院に入院していたことがあります。

息子も今、治療中です。

強迫性障害とは、本人の意思と無関係に頭に浮かぶ、不快感や不安感を生じさせる「強迫観念」と、それを打ち消し振り払うために繰り返す「強迫行為」からなる病気です。

この症状にはさまざまなものがありますが、代表的なのは「不潔恐怖」です。洗っても洗ってもまだ、汚れているような気がして手洗いを止められません。手を洗い終えても蛇口を触ることでまた汚れたと思い、永遠に手洗いが続くのです。石鹸1個なくなるまで手洗いをし、手がボロボロになります。外出もできなくなります。蛇口やノズルを触って再び汚れるのを恐れて風呂に入らなくなり、かえって不潔になってしまうという、おかしな結果になるケースもあります。

その他にも、たくさんの種類があります。

確認恐怖: ガスの元栓や鍵の締め忘れが不安になり、何度も戻って確認する
数症恐怖: 特定の数字を見聞きすることを異様に恐れ、外出がままならなくなる
加害恐怖: 運転中、人をひいてしまったのではないかと何度も車の下を確認する
疾病恐怖: 健康なのに癌の不安から逃れられず、受診を繰り返す
不完全恐怖: あるべきところに物を置かないと不安になる
醜貌恐怖: 自分の容姿が人に不快な思いをさせていると思い込む

不安を振り払うための強迫行為は不合理なものですが、それをやめるとまた不安や不快感が起こるため、なかなか止めることができません。石鹸1個を使い切るくらいの不潔恐怖の強迫性障害の患者さんは、今、かなり苦しんでいると思います。

https://www.mhlw.go.jp/kokoro/speciality/detail_compel.html
強迫性障害 | 厚生労働省


自閉症の息子も新型コロナの影響で悪化

息子はトイレ撮影が趣味です。新型コロナの影響が大きくなる前、トイレ撮影の予定を綿密に計画していました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.