子育て情報『【発達凸凹長男の中学校受験】本番3週間前に第一志望を変更…!?塾、療育、家庭の三位一体でラストスパート!【第6話】』

2020年6月29日 07:00

【発達凸凹長男の中学校受験】本番3週間前に第一志望を変更…!?塾、療育、家庭の三位一体でラストスパート!【第6話】


いよいよ受験目前!第一志望に向けて勉強していたはずが…

発達障害がある長男は、中学受験を経てこの春から私立中学に進学しました。小6からスタートした受験勉強…いろんな人に支えてもらいながらも進め、いよいよ受験1か月前を切った時、急に第一志望校をうけないと言い出したのです…。

【発達凸凹長男の中学校受験】本番3週間前に第一志望を変更…!?塾、療育、家庭の三位一体でラストスパート!【第6話】の画像

Upload By スガカズ

【発達凸凹長男の中学校受験】本番3週間前に第一志望を変更…!?塾、療育、家庭の三位一体でラストスパート!【第6話】の画像

Upload By スガカズ

理由をたずねたところ、「将来ものづくりに関わる仕事がしたいから」ということでした。確かにその先の進路を見据えるとF中学校の方が良いのですが、最近F中学校への入学希望者がかなり増えているのと、今までE中学校の対策を中心にしていたので心配になりました。この時点で本番3週間前でした。

【発達凸凹長男の中学校受験】本番3週間前に第一志望を変更…!?塾、療育、家庭の三位一体でラストスパート!【第6話】の画像

Upload By スガカズ

F中学校の出題傾向はE中学校とは違います。比較的合格しやすい午前の4科目と難易度が上がる午後の2科目をうける事に。次の日も午前午後両方受ける事にしました。

算数は合格点をクリアできそうでしたが、国語、理科、社会に課題がまだまだありそうでした。4科目の場合、2科目が合格点を取ればクリアです。苦手とする社会は捨てるにしても、国語と理科どちらかは合格点を取らなければいけません。


塾、療育、家庭の三位一体

【発達凸凹長男の中学校受験】本番3週間前に第一志望を変更…!?塾、療育、家庭の三位一体でラストスパート!【第6話】の画像

Upload By スガカズ

周りも本人もラストスパートです!

希望校が変わる事や、1校だけ受ける事を言語聴覚士さんに伝えたところ、本番の2日前に特別に枠を作っていただけることになりました。そして最後の指導枠では、F中学校の国語の出題傾向に合わせた時間配分や、絶対に取っておきたい問題、取り掛かる順番など指導していただきました。(ちなみに、学習障害がある子どもの受験対策までしてくれる言語聴覚士さんはあまりいないそうです。出会いに恵まれたことをありがたく思っています)

塾では、理科に絞って過去問対策をしていただきました。私は理科が苦手なので、教えることはできず…。本当に助かりました。長男は、(体調管理も考えて)直前の3日間は小学校をお休みし、私も仕事を休んで算数、国語の指導をすることにしました。長男自身はラストスパートだと理解をして、集中して繰り返し過去問を解き続けました。

F中学校の出願数を確認すると、思った以上に多くて「本当に入れるのだろうか」と私は心配になりました。「これだけの数の人がF中学校に入りたいと思っているから、これで長男が入れたらラッキーだね!」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.