子育て情報『「私を育てるのって、大変?」にドキリ!発達障害の小4娘の本心は…!?』

2020年11月18日 14:00

「私を育てるのって、大変?」にドキリ!発達障害の小4娘の本心は…!?


「私を育てるのは、大変?」娘から突然質問されて...

広汎性発達障害の娘(小学4年生)は、自分が小さいころの話を聞くのが好きです。

小さいとき、なかなかしゃべらなかったことや、表情がなかったこと…療育に通った話も、娘が聞いてくることは、何でも話すようにしています。

ある日、娘と小さいときの話をしていた時のこと…

「私を育てるのって、大変?」にドキリ!発達障害の小4娘の本心は…!?の画像

Upload By SAKURA

「私を育てるのは、大変だった?」と聞いてきました。

これまでのことを思い出してみても、娘の子育ては正直言って、大変でした。

でも、ただひたすら大変で、辛かったわけではありません。そこには楽しさもありました。

「私を育てるのって、大変?」にドキリ!発達障害の小4娘の本心は…!?の画像

Upload By SAKURA

一筋縄ではいかない娘の子育ては、大変でしたが、その一つひとつ勉強になることばかり。

発達障害に無知だった私は、娘のおかげで、発達障害についても学ぶことができました。

"娘がどうしたらできるようになるか"を考えるのは何だかんだで楽しいし、それを解決できる療育グッズをつくれたとき、大きな達成感もありました。

ずっとできなかったことが、長い時間をかけてできるようになったときの感動は、娘以外の子育てでは味わえなかったと思います。

娘の子育ては、まとめると「大変で、楽しい」のです。


娘から見た、ママは…そんな風に見えていたの!?

話し終えると、娘は私に、予想していなかったことを言いました。

「私を育てるのって、大変?」にドキリ!発達障害の小4娘の本心は…!?の画像

Upload By SAKURA

まさかわが子にこのセリフを言われると思わず、思わず吹き出してしまいました。

「子育てに苦労してなさそう」は、他の人から言われると、ちょっと複雑な気持ちになるセリフ。しかし、わが子に言われると、不思議と嫌ではありません。

私は終始ニコニコして菩薩のように、子育てしてきたわけではありません。むしろその逆。

「私を育てるのって、大変?」にドキリ!発達障害の小4娘の本心は…!?の画像

Upload By SAKURA

娘のパニックの対応ができず、一緒にパニックになったこともあるし…娘との話し合いの中で伝えたいことをわかってもらえなくて、泣いたこともありました。もしかしたら娘には、そんな記憶はないのかもしれません。

でも、親が苦労して大変な思いをしていた記憶なんて、できればない方がいい。親が笑っていた記憶だけ残ってくれているなら、万々歳ではないでしょうか(笑)

私はそう感じました。

「私を育てるのって、大変?」にドキリ!発達障害の小4娘の本心は…!?の画像

Upload By SAKURA

「育ててくれてありがとう」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.