子育て情報『お前いらなくない? と中傷される中学生のクラブ内いじめ問題』

2020年7月10日 18:30

お前いらなくない? と中傷される中学生のクラブ内いじめ問題

「お前が何でJ下部行けたんだ」「お前いらなくない?」。小学生時代にJクラブの育成組織に所属していたけど上に上がれず、セレクションを受けて入ったチームでチームメイトから誹謗中傷を受けている。

中学生だから親がでしゃばるのもどうかと思うけど、相談させてほしい。とご連絡をいただきました。チームメイトからのいじめは、小学生年代でも心配な親御さんも多いことでしょう。

今回もスポーツと教育のジャーナリストであり、先輩サッカーママでもある島沢優子さんが、取材で得た知見をもとに、子どもを守るための3つのアドバイスを授けますので参考にしてください。(文:島沢優子)

目次

・「いじめに負けるな、強くなれ」と命じるのではなく、「あなたは何も悪くない」と伝えて
・子どもをポートする上で大事なのは「言う」より「聴く」
・逃げることは恥ではない。子ども自身が見出す「次の一手」を尊重しよう
・あまりに追いつめられると......


お前いらなくない? と中傷される中学生のクラブ内いじめ問題

(写真はご質問者様及びご質問内容とは関係ありません)

<<試合が多いため毎週の遠征費が家計を圧迫。移籍させたい問題

<サッカーママからのご相談>

はじめまして。どうしようもなく悩みご相談いたします。

息子は中学一年生でサッカークラブチームに所属しています。小学校の頃は某Jクラブの育成組織に所属していましたが、進級できず。

セレクションを受け今のチームに所属しているのですが、体格もなく足の速さも遅い方で現チームでいじめ(誹謗中傷)に合っているようなのです。

「お前が何でJ下部行けたんだ」とか「足遅いんだよ(笑)」「お前いらなくない?」など。

はじめは頑張って自習練したりしていましたが、最近は暴言が酷くなってきたようで、「サッカーをやめたい、つまらない」と夜な夜な枕を濡らしこらえています。

それでも最後には「やる」とは言いますが、明るかった笑顔は消え暗い表情の息子を見てるのもつらいです。

厳しいスポーツの世界だからコーチに相談するのも気が引けます。中学生なので親がでしゃばるのもどうかという気もあって。

こんなとき見守ることしかできないのでしょうか。

<島沢さんのアドバイス>

ご相談のメールをいただき、ありがとうございます。

中学生男子が泣いてしまうのですから、おそらくチームメイトからの暴言はひどいのだろうと察します。そばで見ているお母さんも辛いですね。

とはいえメールだけで詳しいことはわからないので、あくまで推測の上でのお話であることを前提にお聞きください。

■「いじめに負けるな、強くなれ」と命じるのではなく、「あなたは何も悪くない」と伝えて

メール文によると、息子さんはJクラブの育成組織出身者。

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.