子育て情報『サッカールールの基本! ハンドの概要について解説』

2021年3月22日 12:00

サッカールールの基本! ハンドの概要について解説

  • 手や腕に触れた直後に得点するもしくは得点のチャンスを作り出したとき(偶発的な場合を含む)
  • 手や腕を使って不自然に体を大きくしてボールに触れたとき
  • 手や腕が偏りも上の高さにある状態でボールに触れたとき
  • これらの行為は、ハンドの反則が取られるため注意が必要です。

    ハンドにならないとき

    手や腕を使っていても、以下のような場合はハンドの反則は取られません。

    • 選手自身の頭もしくは体から直接触れる
    • 別の競技者の頭または体から直接触れる
    • 手や腕は体の近くにあるものの体を不自然に大きくしているわけではない
    • 倒れている選手が体を支えるために手や腕が体と地面の間にある
    「頭もしくは体から直接触れる」とは、例えば胸トラップをしたボールがそのまま腕に当たっても反則にはならないということです。ただし、攻撃側の選手がトラップしたボールがあたると反則を取られます。また、「手や腕が体と地面の間にある」とき、手や腕が体から縦方向や横方向に伸びている場合は、ハンドをとられる可能性があります。

    ゴールキーパーのハンド

    サッカーの中で唯一手が使えるポジションであるゴールキーパーですが、自陣ペナルティエリア外で手や腕を使うと他のフィールドプレイヤー同様ハンドをとられ、相手に直接フリーキックが与えられます。

    ただし、自陣ペナルティエリア内でハンドの反則を犯した場合は、ペナルティキックではなく間接フリーキックが与えられます。自陣ペナルティエリア内でゴールキーパーが犯すハンドとしては、味方のバックパスを手で扱うといったことが挙げられます。

    まとめ

    今回は、サッカーのハンドの反則に関してその概要から、反則となる具体的な例などについて解説しました。ハンドの反則は、実は細かい部分まで競技規則によって規定されており、ハンドになるケースとならないケースがあります。ぜひ今回の内容を参考に、ハンドに対する理解を深めてみてください。

    新着子育てまとめ
    もっと見る
    記事配信社一覧
    facebook
    Facebook
    instagram
    instagram
    twitter
    twitter
    YouTube
    YouTube
    上へ戻る

    Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.