子育て情報『練習中もマスクさせるのは間違い? 正しく知りたい感染症対策 -サッカー編-』

2021年3月19日 13:50

練習中もマスクさせるのは間違い? 正しく知りたい感染症対策 -サッカー編-

新型コロナウイルスの感染予防で、マスクや手洗い、手指消毒などが当たり前になっていますが、練習や試合などサッカーの場でどのように感染対策をすればいいのか悩んでいる方も多いのでは。

そこで今回は、国立スポーツ科学センター(JISS)の医師・医学博士で、JFA医学委員会メンバーでもある土肥美智子先生に、新型コロナウイルスの予防についてうかがいました。

「サッカー編」では、指導現場の状況に即した対処法を紹介します。
(取材・文:鈴木智之)

目次

・プレー中のマスクは必要ありません
・個人のタオルと飲み物を用意しよう
・ビブスは着回ししないように
・つばを吐くときは、水のある場所で
・コーチはその都度、言って聞かせよう
・保護者はマスクを着用し、距離をとって観戦しよう
・選手は自分の身体を良く知ることが大事


練習中もマスクさせるのは間違い? 正しく知りたい感染症対策 -サッカー編-


■プレー中のマスクは必要ありません

新型コロナウイルスに関して、屋外でマスクをせず、距離をとった状態でクラスターが発生したという報告はありません。濃厚接触者の定義にも当てはまらないので、サッカーのプレー中にマスクをする必要はないと考えられます。気温が上がると熱中症になる恐れがあり、呼吸困難に陥ることもあり得るので、プレー中はマスクをしなくても良いでしょう。

■個人のタオルと飲み物を用意しよう

汗を拭くときは、どうしても手指が顔に触れやすくなります。その際に、手指にウイルスがついていたら感染してしまう可能性があります。タオルやペットボトルの飲み物を共有しないことは、新型コロナ対策に関わらず、インフルエンザなどの感染症対策において大切なことです。タオルにウイルスがついていた場合、それを触ると接触感染してしまうおそれがあるので、他人の持ち物にはなるべく触らないこと。触ってしまった場合は、顔などを触る前に手指消毒をすることを心がけましょう。

練習中もマスクさせるのは間違い? 正しく知りたい感染症対策 -サッカー編-
飲み物は個人で水筒などを用意しましょう

■ビブスは着回ししないように

ビブスにウイルスがついていた場合ビブスを着回しすると、これによって感染する恐れがあります。そのことから、着回しはしないほうが良いでしょう。ビブスを着用した直後にスプレーなどを使い、消毒できれば良いですが、あまり現実的ではありません。そう考えると、ビブスを共有せずに、使い終わったら消毒、洗濯する方がいいでしょう。コーチがたくさんのビブスを回収するときは、使い捨ての手袋をつけることをおすすめします。

練習中もマスクさせるのは間違い? 正しく知りたい感染症対策 -サッカー編-

■つばを吐くときは、水のある場所で

サッカーのプレー中、口の中に砂や芝が入ると不快で、つばを吐きたくなることがあります。つばにはウイルスが含まれているので、吐き出すときは水場など、水が流れるところでするようにしましょう。ピッチ上につばを吐くと、飛沫が飛んだり、他の人が触れてしまう可能性があるので、つばの処理には気をつけましょう。

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.