子育て情報『【サッカートレーニング】複数の動きを行うことで、顔を上げてドリブルできるようになる練習』

2021年10月7日 19:06

【サッカートレーニング】複数の動きを行うことで、顔を上げてドリブルできるようになる練習

サカイクがお届けする『親子で遊びながらうまくなる!サッカー3分間トレーニング』。今回は初心者に多い、「ドリブル中に足元のボールばかり見ている、顔を上げてドリブルできない」という悩みを改善するトレーニングをご紹介します。広大なスペースがなくても公園などのちょっとした場所でできるので、ぜひ親子で遊びながらチャレンジしてみてください。

顔を上げてドリブルできるようになると、試合中の味方の動きや相手の動き、空いているスペースを見れるようになるので、適切なタイミングでパスを出したりより効果的なプレーができるようになります。

しかし、初心者のうちは足でボールを扱うこと行うのが難しく、なかなか顔を上げてドリブルできないもの。

このトレーニングは遊びを通して楽しみながら行うことで、試合中顔を上げて周囲を確認しながらドリブルできるようになります。

親は難しい動きはありません。


【やり方】
1.親子で離れて立ち、子どもの前に3つほど目印を置く
2.子どもは目印をジグザグにドリブルして元の位置に戻る
3.親が持っているボールを上に上げたら子どもはドリブルを止め、下げたらドリブル再開
4.上手くできるようになったら、ドリブル中に親がボールを投げる
5.子どもはボールを手でキャッチして親に返す

【サッカートレーニング】複数の動きを行うことで、顔を上げてドリブルできるようになる練習


【トレーニングのポイント】
・親が持っているボールをよく見る
・ドリブル中に顔を下げないという意識をもって行う
・キャッチするという動作を入れることで顔を上げなければならなくなる
・慌てずゆっくり、慣れてきたらリズム良く行う
・失敗しても気にせず、親子で楽しみながら行う

次回もサッカー初心者のお悩みに応えるトレーニングをお届けしますのでお楽しみに!

お父さんコーチに役立つ練習メニューを公開中>>

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.