子育て情報『養護学校の職員・保護者の困っていることを「バスキャッチ」で解消~鹿児島県立の養護学校の導入事例を公開~』

2021年12月20日 11:00

養護学校の職員・保護者の困っていることを「バスキャッチ」で解消~鹿児島県立の養護学校の導入事例を公開~

全国の教育機関の連絡手段のデジタル化をアプリでサポートする「バスキャッチ」を提供するVISH株式会社(愛知県名古屋市、代表取締役:田淵 浩之)は、同社サービスを鹿児島県立牧之原養護学校様(鹿児島県霧島市)にご利用いただき、その導入事例インタビューを公開したことをお知らせします。

養護学校の職員・保護者の困っていることを「バスキャッチ」で解消~鹿児島県立の養護学校の導入事例を公開~

鹿児島県牧之原養護学校様 インタビュー

牧之原養護学校は鹿児島県内2番目の規模の特別支援学校となり、通学区域が広域にわたるためスクールバスを運行しております。通学区域は霧島市、姶良市、曽於市、志布志市、鹿屋市(輝北町)と広範囲となっています。新型コロナウイルス感染防止のため3台の増便を含めて10台運行しています。通学区域が広範囲となる特別支援学校では通学バスのニーズが高い半面、長時間バス停で待つことは、児童生徒の体調面の負担が課題となっていました。「バスキャッチ」のバス到着時刻案内で、保護者の方には5分前に到着時刻をお知らせできるようになり、バス停で待つことがなくなり、保護者からはとてもよろこんでいただいております。

養護学校ならではの悩みを解決した導入までの経緯や導入効果についてのリモートインタビュー内容を公開いたします。

▼導入事例インタビューはこちら
https://www.buscatch.com/voice/makinohara/

■「バスキャッチ」導入の背景
・バスの運転手や添乗員も欠席者が分からないまま迎えに行っており、乗車予定の児童生徒がバス停にいない場合は、学校へ確認していましたが、バスは道に長時間停車しているわけにもいかず、大変困っていました。
・朝の欠席連絡が1日30件以上あり、事務職員への負担が大きくなっていました。

■「バスキャッチ」導入の効果
1.バスの位置情報の配信により柔軟な対応ができるようになった
到着予定を案内できることで、保護者も児童生徒も長時間バス停で待っている必要がなくなりました。駐車場で待機できるなど負担が減り、位置情報が配信できるので柔軟な対応ができるようになりました。

養護学校の職員・保護者の困っていることを「バスキャッチ」で解消~鹿児島県立の養護学校の導入事例を公開~

路線アプリ運行状況確認画面

※当社バスキャッチ(路線管理システム)で使用している地図は、株式会社マップルの「スーパーマップル・デジタル」です。※スーパーマップル・デジタル、Super Mapple・Digitalは、株式会社マップルの登録商標です。

2. 欠席連絡と一緒にバス不要も連絡できるようになった
欠席連絡と一緒に理由も入力でき、バス不要も一緒に確認できるためバスの添乗員もシステムを見て欠席なのかが確認できるようになりました。

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.