くらし情報『【ありきたりな日常を楽しむためのヒント】みんなで楽しむ、気疲れしないおもてなし[PR]』

2019年3月18日 09:33

【ありきたりな日常を楽しむためのヒント】みんなで楽しむ、気疲れしないおもてなし[PR]

目次

・おもてなしする側がゆったり過ごすことの大切さ
・おもてなしをラクにするためにやってみたこと
【ありきたりな日常を楽しむためのヒント】みんなで楽しむ、気疲れしないおもてなし[PR]

3月4月は卒業・入学のお祝いや、新しい仲間との親睦会などで、人の集まる機会が増える時期。

いざ自分がホストになると、料理に掃除に後片付けと、やることがいっぱい。
考えただけで気疲れしてしまう人は多いのではないでしょうか。

また逆におよばれした時に、任せっきりにしていいのか、お手伝いした方がいいのか、迷ってしまうこともありがちです。

せっかくなら、全員が気負いなく「楽しかった!」と思える時間にしたいもの。
そこで今回は、みんなが気疲れしないおもてなしについて考えます。

おもてなしする側がゆったり過ごすことの大切さ

【ありきたりな日常を楽しむためのヒント】みんなで楽しむ、気疲れしないおもてなし


わたしはどちらかというと、もてなし好きです。
ですがそれでも、自分がホストになると、終わった後に毎回疲れていました。
また時には、自分が動きすぎてゲストに気を使わせてしまうことも。

「よかれと思ってやっているけど、なんだか空回りしてる、、?」

そこで、おもてなしを少しカジュアルにして、自分もゆったり参加できるようにしてみたら、思った以上にいい感じ。
ホストであるわたしが楽しめば、周りも気兼ねなく楽しめるんですよね。

もちろんフォーマルなおもてなしでは通用しませんが、気の合う仲間との集まりなら、手を抜くくらいでちょうどいいんだと感じられた出来事でした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.