くらし情報『ポケットショールと暮らす冬〜ラプアンカンクリで始める冬支度[PR]』

2019年11月30日 12:34

ポケットショールと暮らす冬〜ラプアンカンクリで始める冬支度[PR]

目次

・さっと羽織って、ちょっとそこまで
・世代、流行を問わない魅力。温かみのある北欧デザイン
・良質なウール100%、ギフトとしても
ポケットショールと暮らす冬〜ラプアンカンクリで始める冬支度[PR]

フィンランド、北西部にある小さな街「ラプア」で生まれたラプアンカンクリ。
北欧デザインを肌で感じることができる高品質なテキスタイルが人気です。

その中でも冬の定番といえば「ポケットショール(MARIA)」。
北欧の厳しい自然環境で使われるだけその暖かさはスペシャル級。それなのに羽織るだけでコーディネートの仕上げにも。

一枚あるだけで、どこでも手にしたくなる「ポケットショール」。その魅力をご紹介します。

さっと羽織って、ちょっとそこまで

ポケットショールと暮らす冬〜ラプアンカンクリで始める冬支度


ウール100%のショール、羽織ってみればとても軽くて暖か。
起毛したやや厚手の生地は保温性が高いので、さっと羽織ればコート代わりに「ちょっとそこまで」が叶います。

ポケットショールと暮らす冬〜ラプアンカンクリで始める冬支度


何かと慌ただしい平日の朝。
「今日はゴミを出さないと!」そんな時にさっと羽織って。
大きなポッケにはスマホ、鍵なら簡単に入れることができるので、手ぶらで出られます。
忙しい朝、気軽に出かけられることは、想像以上にストレスフリー。

また朝よくみかける光景。幼稚園バスへの子どもの見送り。
ポケットショールを羽織れば、ミニバッグを持つ必要もなし!両手があけば子どもともしっかり手をつぐことができますね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.