くらし情報『気持ちいい「朝時間」の作り方。内田恭子さん・佐渡島庸平さんのゆったり朝活術』

2017年4月21日 17:00

気持ちいい「朝時間」の作り方。内田恭子さん・佐渡島庸平さんのゆったり朝活術

一人の落ち着いた時間がとれるのは朝しかないので、家族より1時間早く起きて、その週、その日のスケジュールを組み立てたり、メールをチェックしたり、あるいは新しいアイデアなど、物事をじっくり考える時間を作っています。

講談社を退社して起業してからは、毎日朝8時半から深夜0時まで会議や打ち合わせ、会合などでびっしりとスケジュールが埋まり、自分の時間がまったくありません。朝時間をどう活用するかは、1日の時間を有意義に過ごす上でとても大切ですね。

朝ごはんは家族が集まる貴重な場
気持ちいい「朝時間」の作り方。内田恭子さん・佐渡島庸平さんのゆったり朝活術


お二人のお話では、「一人の時間は朝にとる」のが、豊かな朝で1日を始めるための秘訣だそう。より充実した時間を過ごすために、習慣にしていることはあるのでしょうか。

内田:
「朝ごはんは家族そろって食べる」のが、我が家の習慣です。夫の仕事が遅いので、夜はなかなか集まれません。家族でそろう時間を朝に設け、子どもたちがハマっている相撲の話をしたり、一緒に新聞を読んだり。

朝から元気にスタートできると、1日中、明るい気持ちでいられますよね。

佐渡島:
そうですね。僕の欠かせない習慣は、朝、子どもたちと一緒にお風呂に入ること。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.