くらし情報『風邪をひかないカラダを作ろう!食事でできる風邪対策』

2019年2月3日 15:00

風邪をひかないカラダを作ろう!食事でできる風邪対策

目次

・風邪をひいてしまう原因とは
・風邪予防に役立つ食事のポイント
・風邪予防に役立つ生活のポイント3つ
風邪をひかないカラダを作ろう!食事でできる風邪対策


のどの痛み・鼻水・鼻づまり・発熱など、不快な症状をもたらす風邪。風邪をひいてしまう原因と、風邪を予防するために役立つ栄養素について解説します。

風邪をひいてしまう原因とは

わたしたちが風邪と呼んでいる症状は、正式には急性上気道炎(かぜ症候群)といいます。上気道とは、鼻からのどにかけての気道を指し、この部分の粘膜の炎症が風邪の症状をもたらします。炎症の原因はライノウイルス・アデノウイルス・RSウイルスなどのウイルスによるものがほとんどです。

風邪予防に役立つ食事のポイント

ウイルスに負けないカラダをつくるには、鼻・のど・口の中などの粘膜を健やかに保つ作用がある栄養素を積極的に摂ることが大切です。

粘膜を健やかにする作用や免疫力を保つ作用のある栄養素3つ
1.ビタミンA
皮膚や粘膜を正常に保つ作用があるビタミンAは、皮細胞を作ることにも関わっています。
動物性の食品に多く含まれていますが、摂り過ぎると体内に蓄積され、頭痛や吐き気などの健康被害を引き起こします。体内で、必要量だけビタミンAに変換される「β-カロテン」を多く含む植物性食品を中心にとり入れましょう。

植物性食品に含まれるβ-カロテンの吸収を高めるコツは、加熱調理することです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.