くらし情報『ちょっとしたことがシミの元に!「光毒性」ってなあに?』

2019年6月13日 05:33

ちょっとしたことがシミの元に!「光毒性」ってなあに?

目次

・光毒性ってどんなこと?
・光毒性を防ぐポイント3つ
ちょっとしたことがシミの元に!「光毒性」ってなあに?


食事やスキンケアに気を配って、美白を目指す人は多いはず。でも、良かれと思ってしている習慣が逆効果になってしまうことがあるといわれてきました。そこで、シミや日焼けの元になる「光毒性」という作用と、光毒性を起こさないための注意点について解説します。

光毒性ってどんなこと?

紫外線によって化学反応を起こしやすい物質をカラダにとり込むと、紫外線に当たった部分の肌が日焼けしたような状態になることがあります。この作用を光毒性といいます。最近の研究結果によると、食べ物に含まれるソラレンや、アロマオイルなどに含まれるベルガプテンが、人の皮膚の紫外線に対する感受性を高めて皮膚を傷付けやすくするため、これらは光毒性の原因物質と言われています。

光毒性を防ぐポイント3つ

1.紫外線を浴びる日は、朝食と昼食に注意する
光毒性の原因の一つ「ソラレン」は、かんきつ類やキウイフルーツ・いちじくといったフルーツやきゅうり・パセリなどに含まれています。外出やスポーツなどで紫外線を浴びるときは、これらの食材を夕方以降に摂るのがおすすめです。

2.きゅうりやレモンスライスのパックはタイミングが大切
日中の外出前にきゅうりやレモンのスライスでパックをしている人は、タイミングを変えてみましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.