くらし情報『ダイエッターやアスリートは要注意!脱水を防ぐ水分の摂り方』

2019年5月16日 22:42

ダイエッターやアスリートは要注意!脱水を防ぐ水分の摂り方

目次

・脱水が起こる仕組み
・油断禁物!水分を摂るべきタイミング3つ
・どれだけ飲めばOK?毎日の水分補給のコツ
ダイエッターやアスリートは要注意!脱水を防ぐ水分の摂り方


水分を摂るタイミングや量を意識していますか?喉の渇きに気づく前に水分補給をしないと、気づかぬうちに脱水となり、体調を崩してしまうことがあります。厚生労働省の「健康のため水を飲もう」推進運動にもとづき、脱水になる仕組みと水分の摂り方を解説します。

脱水が起こる仕組み

カラダから出ていく水分が増え、カラダに入る水分が減ると体内の水分が不足した状態が脱水です。水分の摂取不足・発汗・下痢・嘔吐などが脱水の主な原因になります。多くの場合、水分と一緒に塩分も失われているとされています。

水欠乏型脱水
わたしたちのカラダは60%が水分でできています。そのうち、1%~2%の水分が失われると、強い喉の渇きを感じます。体液から水分が減少して濃縮されると、脳が水分補給を促すサインを出すというわけです。このとき、水分を適切に補わないと体内の水分が不足する水欠乏型脱水になってしまいます。
元の体重から失われた水分の割合によって起こる症状は下記のとおりです。

失われた水分の割合脱水症の兆候や症状3%唇の渇き・食欲不振5%頭痛・カラダのほてり10%筋肉のけいれん20%無尿・死に至る
特に、お年寄りはカラダの水分量が少なく、喉の渇きを感じにくいので注意が必要です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.