くらし情報『帝王切開の傷をどう思うか?問題【んぎぃちゃんカレンダー141】』

2020年5月9日 19:00

帝王切開の傷をどう思うか?問題【んぎぃちゃんカレンダー141】

2017年「んぎぃちゃん」爆誕! 初めての育児に奮闘中です。

さて、帝王切開にて出産した私ですが、ついて回る問題のひとつ「傷口のその後」についてです。

んぎまむ141-1


んぎまむ141-2


んぎまむ141-3


んぎまむ141-4


傷を触ってもなんとも感じなくなるのまでに、私は実に2年程かかりました。

それまでは、寒さで痛みを感じたり、ひっぱるとつっぱるような気がして、いつまでも「最悪裂けてしまうのではないか」という不安がつきまといましたが、もう触っても引っ張っても全然大丈夫。

思ったより傷を感じる期間は長かったです。

ちなみに、多くの人が心配してしまうのではないかと思う「おなかに傷が残るなんて…」という気持ち。

私の場合、傷を見るたび「本当に自分からこの可愛い赤ちゃんが産まれたんだ」と実感でき、むしろ勲章だと思っています。

※どんどん出産時の大変だったことを忘れていき「あれ本当に産んだっけ?」とか思っちゃうこと…ありません?この可愛い子どこから来たの?って。

傷に対する付き合い方は人それぞれ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.