くらし情報『「コロナを持ち込むな」非難の声がつらい…コロナ禍のなか転勤で引っ越し』

2020年5月26日 12:30

「コロナを持ち込むな」非難の声がつらい…コロナ禍のなか転勤で引っ越し

目次

・北海道でコロナが流行のなか、他県へ転勤
・引っ越してみて、まず困ったこと
・何よりつらいのはSNSの差別
・著者:桜場紫
引っ越し


新型コロナウイルスが一部地域で流行し始めた2月末、夫の辞令で家族揃って他県へ転勤しなければなりませんでした。しかも当時感染者が最多だった北海道からよりによって感染者0の県へ。引っ越しを通して困ったことが多々ありました。

北海道でコロナが流行のなか、他県へ転勤

2月末、北海道で新型コロナウイルスに何人も感染し始めたころ、家族全員で他県へ転勤することになりました。転勤先は当時感染者がまだ出ていなかった地域。同業者で感染者が出てしまっていたこともあり、私たち家族の引っ越しへのプレッシャーはかなりのものでした。

私たちが感染源になったらどうしようということはもちろん、差別や風評被害にあったら……という思いが強かったです。実際、私たちが引っ越す半月くらい前から、「他県民は観光や引っ越しで県境を超えてくるな」というSNSへの書き込みが出始めていました。

引っ越してみて、まず困ったこと

引っ越しの際、移動に3日かかりました。まず困ったのは、その移動中に紙資源の買い占めが起こったことです。引っ越しのため、紙類や生理用品は最低日数分のみ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.