くらし情報『2日目のプレッシャー半端ない!看護師の白衣を救った〇〇【生理体験談】』

2020年6月17日 06:30

2日目のプレッシャー半端ない!看護師の白衣を救った〇〇【生理体験談】

目次

・看護師になってから、生理不順やPMS症状が出始めて…
・生理中でも、頻繁にトイレに行けないことがある、緊張の日々
・生理2日目の私を救ったのは、なんとリハビリパンツ!
生理中のプレッシャー半端ない!看護師の白衣


私は看護師。看護師といえば、憧れだったのが白衣! だけど、月に1度の生理の時だけは、下半身が常に緊張している状況でした。そうです、経血モレをして、白衣を汚してしまわないか……。真っ白だからこそ、少しでも漏れたらアウト!! 看護師である私の、緊張感漂う生理の日々をお伝えします。

看護師になってから、生理不順やPMS症状が出始めて…

生理そのものは、初めてきたころから、あまりトラブルもなく過ごしていた私。

しかし、看護師として働き始めてから、多忙な日々とストレスからか、生理不順になってしまいました。しかも、「そろそろきそうだなぁ」というPMS(月経前症候群)症状も強めで、生理が終わったその瞬間から、「今はもう、次の生理前だ……」なんて、冗談を言わずにいらませんでした。

生理中でも、頻繁にトイレに行けないことがある、緊張の日々

そんな症状がありつつも、いちばん悩んだのが、生理中の経血の量が多いこと。

看護師という仕事柄、患者さんの急変や処置ともなると、ベッドサイドにつきっきりになることもあり、そうなると頻繁にトイレには行けません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.