くらし情報『入園の記念写真どうする?桜の開花に合わせたセルフ撮影で大満足!【体験談】』

2021年3月4日 15:30

入園の記念写真どうする?桜の開花に合わせたセルフ撮影で大満足!【体験談】

目次

・桜の開花状況・天候・家族のスケジュールを合わせて
・撮影のときに持っていくもの
・自撮りで撮影するときのポイント
・著者:寺田梓
入園の記念写真どうする?桜の開花に合わせたセルフ撮影で大満足!【体験談】


入園式当日の朝は時間に余裕がないかもしれないし、天候が悪かったら外での撮影は難しく、帰りは入園のお祝いや幼稚園から配布されるもので手荷物いっぱい……。さらに子どもの機嫌はそのときになってみないとわかりません。

今回は、娘が幼稚園入園の際におこなってよかった、式当日とは別日に桜のロケーションで撮影したときのことをご紹介します。

桜の開花状況・天候・家族のスケジュールを合わせて

ウェザーニュースで発表された第四回桜開花予想によると、今年、最も早いのは3月17日の福岡で、東京は3月18日、最も遅いのは北海道で4月下旬(釧路方面では5月上旬)に開花する見込み。開花してから散り始めるまでの期間は約10日~2週間程度で、地域や気候によって差が出るそうです。

3月中旬ごろに開花する地域の場合は入園・入学式前に、3月末以降の場合は入園・入学式後に撮影したら良さそうですね。

ただ、八分咲き〜満開になる間に雨が降ったり風が強く吹いたりすると花が散ってしまうので、七分咲き〜八分咲きでも悪天候になる前に撮影したほうが良いと思います。

わが家では家族のスケジュールを合わせつつ、桜が八分咲き〜満開になるころ、天候を考慮して入園式の前に日程を組みました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.