くらし情報『<女性特有トラブル>「浸潤がんですね」恐怖の告知。あまりにもショックが大きすぎて…』

2022年5月20日 11:00

<女性特有トラブル>「浸潤がんですね」恐怖の告知。あまりにもショックが大きすぎて…

ライブドア公式ブロガーであり、2歳差姉妹を育児中のワーキングマザー・宝あり子さんが描いた実体験の漫画です。本作は、「乳がんが見つかった話」の続編となります。

前回、生検(患部の組織を採取して顕微鏡などで詳しく調べる検査)の結果を聞くため、病院に足を運んだあり子さん。すると、何の前触れもなく医師から「悪性ですね」という言葉が出て、思わずフリーズしてしまいーー。

※作品内ではマスクを省略して描いています。

浸潤がん

「浸潤がんですね」恐怖の告知。あまりにもショックが大きすぎて… #乳がんが告知された日 2


「浸潤がんですね」恐怖の告知。あまりにもショックが大きすぎて… #乳がんが告知された日 2


「浸潤がんですね」恐怖の告知。あまりにもショックが大きすぎて… #乳がんが告知された日 2


「浸潤がんですね」恐怖の告知。あまりにもショックが大きすぎて… #乳がんが告知された日 2


※HER2(ハーツー)…がん細胞の増殖に関係するタンパク質。

「悪性でした」という言葉で、頭が真っ白になってしまったあり子さん。続けて医師が検査結果の詳細を説明しますが、頭の中の整理が追いつかず、「生検ってこんなに詳しくわかるんだ」と、ぼんやり考えていたそうです。

浸潤(しんじゅん)がんとは、がん細胞が血管・リンパ管を通じて乳管の外に出てしまい、全身に移転するタイプのがんです。冷静になったあり子さんは、自分が浸潤がんであったことに大きなショックを受けたのでした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.