くらし情報『母の茶色弁当が大嫌いだった私「ダサイお弁当恥ずかしい!いらない!」⇒ある日、お弁当箱を開けると?』

2023年12月30日 10:30

母の茶色弁当が大嫌いだった私「ダサイお弁当恥ずかしい!いらない!」⇒ある日、お弁当箱を開けると?

大変さを身をもって思い知り、これを毎日続けてくれていた母へ、感謝と罪悪感の気持ちでいっぱいになりました。

入院中、母がしていたこととは

その後、母は無事退院し、ある朝またお弁当を作ってくれました。ピンク色のかわいいお弁当箱。蓋を開けると、まるで雑誌に出てくるようなカラフルでおいしそうなお弁当が!

母は入院中、お弁当づくりの本や動画を見ながら勉強をしていたとのこと。

私があんなにひどいことを言ったのに、母は笑って許してくれ、その上私のために努力までしてくれたのです。私は泣きながらようやく謝ることができました。

親がいつもそばにいて、お弁当を作ってくれることは当たり前ではありません。日々感謝をして、気持ちを言葉で伝えられるといいですね。


著者:ライター ベビーカレンダー編集部/ママトピ取材班

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.