くらし情報『永山絢斗 富田靖子からの「ときめきました」との告白に大テレ』

2011年3月8日 20:12

永山絢斗 富田靖子からの「ときめきました」との告白に大テレ

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)

第4回WOWOWシナリオ大賞の授賞式と前回の第3回で大賞を受賞した作品をドラマWとして映像化した「遠い日のゆくえ」の記者会見が3月8日(火)に都内で開催され、選考委員長を務めた映画監督の崔洋一、ドラマに主演する永山絢斗らが出席した。

今年のシナリオ大賞で、587作品の中から見事、大賞に輝いたのは、福島カツシゲによる「エンドロール 〜伝説の父〜」。福島さんは「笑顔になってもらいたいという思いで書いた作品です」と挨拶。大賞受賞作は映像化されることになるが、自身、舞台俳優として活動しているというだけあって「まず、自分が出たいです」と笑顔で語っていた。

選考委員長の崔監督は「既存の枠を越えた作品に出てきてほしい。賞にあわせた“傾向と対策”ではなく、突き抜けてほしい」と受賞者、そして新たに概要が発表された第5回の応募者に向けてのメッセージを述べた。

続いて昨年、大賞を受賞した「仄かに薫る桜の影で」を基に製作された「遠い日のゆくえ」が3月13日(日)に放送されるのに合わせて、主演の永山さんと共演の富田靖子、風吹ジュン、朝原雄三監督が登壇。

孤独死や事故でこの世を去った人々の部屋の掃除や遺品の整理を行う“特殊清掃業”に就いた青年が、偶然手にした孤独女性の日記から、彼女の“生”の軌跡を追って行く姿を描いた本作。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.