くらし情報『宮迫博之&ゴリ、久々の競演で“息子自慢”バトル勃発?』

2011年12月3日 19:24

宮迫博之&ゴリ、久々の競演で“息子自慢”バトル勃発?

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)

『ナイト ミュージアム』シリーズのショーン・レヴィ監督、ヒュー・ジャックマン主演で贈る感動大作『リアル・スティール』の公開に先駆けて、12月2日(金)、本作を鑑賞した著名人によるメッセージが彩られた“感動コメントツリー”が新宿ピカデリーに飾られ、本作の主人公・チャーリーと同じく息子をもつお笑い芸人の宮迫博之(雨上がり決死隊)とゴリ(ガレッジセール)が登壇しての点灯式が行われた。

高性能のロボット格闘技の時代の到来によって闘う場を失った元ボクサーのチャーリーが、生き別れになっていた11歳の息子・マックスと旧式ロボットのATOMとの出会いをきっかけに、再起を賭けた闘いに挑む姿を描いた、親子の絆の物語。

先日初来日を果たした天才子役、ダコタ・ゴヨが演じるマックスと同い年の息子を持つ父親である宮迫さん。一足早く観た本作について「いろんな泣ける映画がありますが、悲しい涙じゃなくて、一歩前に進めて得する涙を流せる映画でした」と大絶賛。同じく8歳の息子と6歳の娘をもつゴリさんは、「ロボット同士の格闘がすごいし、リアル!『ミッション:インポッシブル』のアクションにはないヒューマンの感動があります」

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.