くらし情報『高良健吾×沖田修一監督インタビュー コメディから解き明かす24歳の魅力と素顔』

2012年2月4日 12:38

高良健吾×沖田修一監督インタビュー コメディから解き明かす24歳の魅力と素顔

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)

己の身を削り、そこに火を灯すような――。高良健吾が演じるキャラクターからは常にそんな熱さ、鋭さ、生々しさが伝わってくる。『M』に『蛇にピアス』、『軽蔑』など、これまでの出演作には生への葛藤や孤独、人間の弱さを感じさせる作品が並ぶが、そんなフィルモグラフィーの中で明らかに他作品と異なる空気をまとい、全く違う高良さんの一面を見せてくれるのが沖田修一監督による作品だ。久々に田舎に帰省した大学生とでも言おうか…。そもそも演技以前に『南極料理人』(’09)での“兄やん”という役名からして危機感も切迫感も全く感じさせない。前作からおよそ2年の時を経て、沖田監督と再び組んだ最新作『キツツキと雨』でも、同様の“ユルさ”は健在である。昨年は映画のみならず初舞台、NHKの朝の連続テレビ小説にも出演するなど、ますます活躍の場を広げる高良さんだが、ほかとは一線を画した沖田作品の空気感をどのように捉えているのか?そして沖田監督は何を求めて高良さんを起用したのか?いま、最も注目を集める高良健吾の魅力をあえてこの異色作から解き明かす!

高良さんと沖田監督の出会いは2008年のドラマ「青梅街道精進旅行」

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.