くらし情報『【アカデミー賞】歴史を塗り替える快挙の数々をふり返り』

2012年2月28日 11:37

【アカデミー賞】歴史を塗り替える快挙の数々をふり返り

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)

フランスからハリウッド映画への愛を込めた『アーティスト』と、パリを舞台に映画の魅力を描いた『ヒューゴの不思議な発明』。共に古き良き時代の映画にオマージュを捧げる2作が最多5部門に輝き、幕を閉じた第84回アカデミー賞。フランス映画として初の快挙を果たした『アーティスト』の功績を筆頭にして、今年は様々な記録が塗り替えられた、歴史的なアカデミー賞授賞式となった。

今年最大の注目の的となっていたのは、前述の2作が手にする栄冠のゆくえ。ノミネーションの段階では、『ヒューゴの不思議な発明』が最多11部門でのノミネート、『アーティスト』はそれに続く10部門のノミネートであった。蓋を開けてみると、授賞式前半に発表された撮影賞に美術賞、視覚効果賞、録音賞、音響編集賞を受賞と、瞬く間に『ヒューゴの不思議な発明』が5部門で受賞し、体勢有利かと思われた。だが後半に入ると一転、『アーティスト』の逆襲と言わんばかりに、監督賞(ミシェル・アザナヴィシウス)、主演男優賞(ジャン・デュジャルダン)、作曲賞、衣裳デザイン賞、そして作品賞を獲得、同じ5部門で最多受賞の快挙を果たした。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.