くらし情報『ケイト・ウィンスレット、『タイタニック』のラブ・シーンは「恥ずかしいから見ない」』

2012年3月29日 11:00

ケイト・ウィンスレット、『タイタニック』のラブ・シーンは「恥ずかしいから見ない」

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)

3D版『タイタニック』のロンドン・プレミアが27日(現地時間)、ロンドンで開催され、ジェームズ・キャメロン監督とヒロインのローズを演じたケイト・ウィンスレット、共演のビリー・ゼーンらが出席した。

実は1997年の『タイタニック』公開時、病気のためU.K.プレミアを欠席したケイトにとって、インターネットで全世界に生中継もされた今回ロイヤル・アルバート・ホールで行われたロンドン・プレミアは15年越しの晴れの舞台となったが、当時の自分の姿を3Dで観るのには気恥ずかしさもあったようだ。

レッドカーペットで、レオナルド・ディカプリオとのラブ・シーンを観るのはどんな気持ちかと尋ねられたケイトは「最悪よ。観るつもりはないわ。その場面になったらバーに行くわ。3時間半も昔の自分のアルバムを無理やり見せられるようなものよ」と語った。

もちろん、その言葉は照れ隠し。事前に観た3D版について「映画そのものは、いつになっても素晴らしいわ。断片的に観ることはあったけど、全編通して観るのは久しぶりだった。自分が全く違って見えたし、私たちはとっても若かった。演技もいまとは全然違ったわ」

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.