くらし情報『宮崎あおい、原田作品は「大変だと聞いていた」 タレ込みの犯人は堺雅人?』

2012年5月7日 12:55

宮崎あおい、原田作品は「大変だと聞いていた」 タレ込みの犯人は堺雅人?

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


先週末公開を迎えた役所広司主演の映画『わが母の記』が、公開から1週間を迎えた5月6日(日)、観客動員数50万人突破の大ヒットを記念して役所さんを始め、宮崎あおい、原田眞人監督が舞台挨拶に登壇。それぞれに作品に込めた想いと喜びの胸中を明かした。

昭和の文豪・井上靖の自伝的小説を映画化した本作。母に捨てられたという複雑な過去をもつ作家・伊上洪作が、認知症を患った母との暮らし、そして周囲の家族の支えを経て改めて母と向き合い過去の真相を知っていく心温まる感動作だ。

この日の舞台挨拶には“わが母”樹木希林の姿はなく、これに役所さんは「希林さんのいつもの毒舌を聞けないのは寂しいです。その代わり、“可愛い”宮崎あおいさんが忙しい撮影の合間を縫って来てくれました」と語り、会場の笑いを誘った。さらに本作に参加した感想を問われると「これまで力強く斬新な作品を撮り続けてきた監督が、故郷・沼津に腰を据えて本当に“日本映画”というふうに撮られたのは僕にとっても新鮮でした」と語り、原田監督と久しぶりのタッグを組んだ喜びをふり返った。

本作で原田作品に初参加となった宮崎さんは、「(クランク)

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.