くらし情報『『ユー・ガット・メール』、『奥さまは魔女』のノーラ・エフロン、71歳で死去』

2012年6月28日 13:00

『ユー・ガット・メール』、『奥さまは魔女』のノーラ・エフロン、71歳で死去

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


脚本家で監督のノーラ・エフロンが、71歳で亡くなった。26日(現地時間)の夕方、ニューヨークの病院で急性骨髄性白血病で併発した肺炎により亡くなったノーラには、長年一緒に仕事をしてきたハリウッドスターたちから多くの哀悼の意が寄せられた。

代表作『恋人たちの予感』(’89)でメグ・ライアンと共演したビリー・クリスタルは「ノーラが亡くなったことを知り、とても悲しいです。ユーモアのセンスを持った素晴らしい脚本家でした。映画でメグの相手役になれたことは、僕の心の中でいつも特別な位置を占めています。僕はノーラの書いた台詞を喋ることができて本当にラッキーだったと思います」と語っている。

アカデミー賞脚本賞に3回ノミネートされたノーラは、『めぐり逢えたら』(’93)、『ユー・ガット・メール』(’98)、『ジュリー&ジュリア』(’09)などロマコメ映画を得意としていた。『奥さまは魔女』(’05)で一緒に仕事をしたニコール・キッドマンは「ノーラはとても頭がよく、温かく、面白い人でした。友人になれたこと、また一緒にお仕事をする機会を持てたことをすごくありがたく感じます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.