くらし情報『“わがまま女王”のジュリア・ロバーツが「本当に申し訳ない」とリリー・コリンズに謝罪?』

2012年9月15日 19:30

“わがまま女王”のジュリア・ロバーツが「本当に申し訳ない」とリリー・コリンズに謝罪?

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


世界中で愛され続ける童話「白雪姫」を、『ザ・セル』、『インモータルズ神々の戦い』のターセム・シン監督が全く新しく生まれ変わらせたファンタジー作品『白雪姫と鏡の女王』がついに公開。凛々しくたくましい白雪姫を演じたリリー・コリンズと、本作で初の悪役に挑戦したジュリア・ロバーツのインタビュー映像がシネマカフェに到着した。

その美しさを妬まれ、ワガママ女王である継母に18歳まで城に幽閉されていた白雪姫が、逃げ込んだ森で嫌われ者の7人のギャングの助けを得て強き女性へと成長を遂げる姿を描く。

劇中では女同士の激しいバトルを繰り広げているリリーとジュリアだが、今回届いた映像では仲良く揃ってインタビューに答える様子が収められている。インタビュアーである少女から演じた役柄について質問されたジュリアは、「とても楽しかったわ。いままで意地悪された人たちのことを思い出して、それを(自身が演じた)女王に反映させたの(笑)」と明かす。劇中で繰り広げられる女の戦いについての感想を問われると、「挑戦だった。大好きな人の髪の毛を引っ張るのは辛い気分よ。結果、何度もやってしまったけど(笑)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.