くらし情報『片桐はいり、向井理との“熱愛報道”のウワサが立たず不満』

2014年10月31日 12:23

片桐はいり、向井理との“熱愛報道”のウワサが立たず不満

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


向井理と片桐はいりが10月30日(木)、映画『小野寺の弟・小野寺の姉』のヒット御礼舞台挨拶に西田征史監督と共に登壇。続編のアイディアを出し合い会場を沸かせた。

本作は西田監督自ら執筆した小説が原作。向井さんと片桐さん主演でまず、原作とは別エピソードで舞台化され、続いて今回の映画化となった。映画では、親を亡くして以来、姉弟で生きてきた小野寺家のより子と進の日常、恋をコミカルに描き出す。

本作は「ぴあ映画初日満足度ランキング」で1位を獲得したが、向井さん、片桐さんの周辺でも反響は大きいよう。向井さんは「いまやってるドラマのスタッフや共演者が見てくれて、『明日から頑張ろうって思えた』と言ってくれました。同業者に認めてもらえるのは嬉しい」と語る。

片桐さんは、街で「中国人の団体の方に囲まれました」と告白。海を超えてこの映画が愛され反響を呼んでいるのかと胸を躍らせたそうだが「『ダメよ、ダメダメの人だ』と言われてちょっとガッカリしました…(苦笑)」と「日本エレキテル連合」と間違えられたことを明かし、会場は爆笑に包まれた。

公開前のプロモーションなどでも、片桐さんと向井さんが映画を離れても姉弟のような空気をまとっていることがたびたび指摘されてきたが、この日のトークもまさにそんな空気。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.