くらし情報『『アナ雪』の監督、人気過ぎて謝罪!?』

2014年12月17日 18:15

『アナ雪』の監督、人気過ぎて謝罪!?

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


『アナと雪の女王』は今年度最大のヒット映画、主題歌の「レット・イット・ゴー」はもはや知らない人はいないというほどの人気曲となった。

本作の監督ジェニファー・リーはなんと、主題歌「レット・イット・ゴー」の“あまりの人気に”謝罪をしたのだと「The Hollywood Reporter」のインタビューにて明らかにした。

「1年前、人々に会って私が誰だか分かるとみんな、“ああ!歌が大好きだよ。いつも歌ってるんだ”って言ってきたの」とジェニファーは語った。

「雪だるまつくろう」「生まれてはじめて」など数々のヒット曲に恵まれた今作だが、日本でも“ありのままで”のフレーズで大きく話題になった「レット・イット・ゴー」は群を抜いて人気であり、まさに不動の地位を確立しているといえるだろう。

ジェニファーは「いまもみんな『うん。まだ聞き続けてるよ』って言うの。(ここまでくると)“ありがとう”から“ごめんなさい”になってしまったわ」と、人気のあまり申し訳なく思っていることを語った。

また、女王エルサ役のイディナ・メンゼルも過去に同じような謝罪をしている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.