くらし情報『“無敵の父親”リーアム・ニーソン、最後はLAで大暴れ!『96時間/レクイエム』』

2014年12月30日 17:00

“無敵の父親”リーアム・ニーソン、最後はLAで大暴れ!『96時間/レクイエム』

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


シリーズ累計世界興収6億300万ドルを記録した、リーアム・ニーソン主演の大ヒットシリーズ『96時間』が、ついに完結! 最終章『96時間/レクイエム』が、1月9日(金)に日米同時公開となる。

『96時間』シリーズといえば、リーアム演じる“無敵の父親”ブライアン・ミルズが、愛する家族を守るために“特殊なスキル”を駆使して、悪党と闘う人気アクション。そして本シリーズの魅力のひとつが、彼が闘う舞台となる“バトル・フィールド”だ。

第1作目『96時間』の舞台は、フランスのパリ。愛する娘・キムが友人と旅行中に誘拐され、ブライアンは花の都・パリで大暴れした。本作のストーリーは、プロデューサー兼脚本のリュック・ベッソンが、“若い女性を誘拐して、パリ近郊の豪華な屋敷でオークションにかけている犯罪者がいる”という話を現地の警官から聞き、着想を得たという。「娘を助けるためなら、エッフェル塔でも壊してみせる」とリーアムが言い放つ名シーンは見どころだ。

また、第2作目『96時間/リベンジ』では、トルコのイスタンブールへ。世界遺産のブルー・モスクや、迷路のように入り組んだグランド・バザールをはじめ、ブライアンは街中を縦横無尽に駆け回り、クライマックスでは伝統的なトルコ式風呂でバトルを繰り広げた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.